お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-17 13:00
伸縮するステートフル分散システムにおける厳密な負荷分散手法
中谷裕一栗田弘之高田直樹山下高生NTTIN2014-1
抄録 (和) 大規模分散処理システムには適切な負荷分散機能が必須であり,特にステートフルサービスや分散ハッシュテーブルにおける負荷分散機能では,リクエストを分散させることに加え,扱う状態やデータが同じリクエストは常に同一のサーバへ振り分けることが求められる.近年,このような要求を満たす負荷分散機能がコンシステント・ハッシュ法を用いて実現されているが,振り分け先の定義が確率論的に決定されているため,負荷には大きな偏りが発生することがある.そこで本稿では,負荷が厳密に分散されるような振り分け先の定義を決定論的に導出する手法を提案する.特に一部のサーバに故障が発生した場合でも負荷が均一であり,かつサーバの増減設が発生した場合にも振り分け先の変更が抑制される手法を提案し,それら効果についてシミュレーションによって確認する. 
(英) Load balancing is a key function constructing massively distributed systems. Stateful services like SIP and distributed hash tables need special load balancing units that route the related packets, which refer to the same states or data, to a certain server. Many works proposed the load balancing schemes with consistent hashing. But consistent hashing has a defect that it raises load unbalance, sometimes large. The unbalance is caused by its determination of distribution logic, which allocates the hash-space at random. Hence we propose a method of allocation that realizes strict load balancing, considering fault-tolerance and elastics (variation of the number of servers). In addition to that, we evaluate the effectiveness of our method by simulation.
キーワード (和) コンシステント・ハッシュ法 / 負荷分散 / 分散ハッシュテーブル / ステートフル / / / /  
(英) Consistent hashing / Load balancing / Distributed hash table / stateful / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 7, IN2014-1, pp. 1-6, 2014年4月.
資料番号 IN2014-1 
発行日 2014-04-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-1

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2014-04-17 - 2014-04-18 
開催地(和) 京都府中小企業会館 
開催地(英) Kyotofu-Chusho-Kigyo-Kaikan 
テーマ(和) ホームネットワーク、グリーン・省電力ICT、スマートグリッド、省エネルギー、障害対策・BCP、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
テーマ(英) Home Area Network (HAN), Green/Energy Saving ICT, Smart Grid, Contingency Plan/BCP, Data Analysis/Processing Platform, Big Data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-04-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 伸縮するステートフル分散システムにおける厳密な負荷分散手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Elastic and strict load balancing via consistent hashing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンシステント・ハッシュ法 / Consistent hashing  
キーワード(2)(和/英) 負荷分散 / Load balancing  
キーワード(3)(和/英) 分散ハッシュテーブル / Distributed hash table  
キーワード(4)(和/英) ステートフル / stateful  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 裕一 / Yuichi Nakatani / ナカタニ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 弘之 / Hiroyuki Kurita / クリタ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 直樹 / Naoki Takada / タカダ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 高生 / Takao Yamashita / ヤマシタ タカオ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-17 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-1 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会