お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-17 12:55
キーの要求頻度偏りを考慮した汎用な分散KVSアクセス方式の検討
栗田弘之高田直樹山下高生本野智治NTTNS2014-6
抄録 (和) データ量や要求量に対してスケールアウト可能なデータストアとして分散KVSが普及し、Webアプリケーションだけでなく、認証サーバなど様々なアプリケーションで利用可能な状況が整ってきている。しかし分散KVSでは、利用するアプリケーションの特性によっては、各データの使用頻度、つまりは各キーに対する要求頻度に大きな偏りが存在し、それにより分散KVSサーバの負荷が大きく偏ることで、結果として必要なサーバ数が増大してしまう問題がある。こうした問題に対し筆者らは要求頻度に着目した負荷分散方式を検討してきたが、分散KVSに適用しようとした場合、負荷分散のアルゴリズム等を変更する必要があり、既に市中に存在する分散KVSにそのまま適用することが困難であった。そこで本稿では、要求頻度に応じた数のキーの複製を分散KVSシステムに対して透過的に作成することにより、既存の分散KVSに手を入れることなくサーバの負荷を均等化する方式を提案する。提案方式のシミュレーションによる評価により、分散KVSのサーバ数を13%~31%削減する効果があることを確認した。 
(英) Distributed Key-Value Stores are becoming applicable to various applications, such as not only Web applications but authentication systems. However, if the frequency of requests for each key varies greatly, this causes an uneven distribution of the load to the Key-Value Store servers. As a result, the number of servers required increases. To solve such a problem, we had studied a load balancing method which focuses on the frequency of requests for each key. However, since the method needs to change the load balancing algorithm, it is difficult to apply to existing Key-Value Store systems. Therefore, this paper presents a load balancing method which makes replicas of keys according to the frequency of each key. Since this method is transparent to a Key-Value Store system, it can be applied without changing the existing systems. An evaluation of the proposed method using simulation has confirmed that the system can successfully reduce the number of servers by 13% - 31 %.
キーワード (和) 分散KVS / Key-Value Store / 負荷分散 / コンシステントハッシング / 偏り / サーバ数 / /  
(英) Distributed Key-Value Store / Load Balancing / Consistent Hashing / Unbalance / Number of Servers / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 6, NS2014-6, pp. 27-32, 2014年4月.
資料番号 NS2014-6 
発行日 2014-04-10 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-6

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2014-04-17 - 2014-04-18 
開催地(和) 石垣市民会館 
開催地(英) Ishigaki-City-Hall 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource Management/Control, Traffic Engineering, Reliability, Resiliency 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) キーの要求頻度偏りを考慮した汎用な分散KVSアクセス方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Access Methods for Distributed Key-Value Stores with Highly SkewedAccess Distribution of Keys 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散KVS / Distributed Key-Value Store  
キーワード(2)(和/英) Key-Value Store / Load Balancing  
キーワード(3)(和/英) 負荷分散 / Consistent Hashing  
キーワード(4)(和/英) コンシステントハッシング / Unbalance  
キーワード(5)(和/英) 偏り / Number of Servers  
キーワード(6)(和/英) サーバ数 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 弘之 / Hiroyuki Kurita / クリタ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 直樹 / Naoki Takada / タカダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 高生 / Takao Yamashita / ヤマシタ タカオ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 本野 智治 / Tomoharu Motono / モトノ トモハル
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-17 12:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-6 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会