電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-17 13:00
鉄道信号における安全関連システムのLCC(ライフサイクルコスト)に関する研究(その1)
塚本大吾大串裕郁JR西日本)・中村英夫高橋 聖日大)・山本正宣シグナルコンサルタント
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 鉄道信号システムにおける安全関連システムを安全性の高いシステムで構成した場合,LCCの評価では,初期投資額は高いが事故による損失が少なくなり,むしろ経済的となる可能性がある.本稿では,評価対象とする鉄道路線の輸送密度の違いがLCCの評価に及ぼす影響などの課題について明らかにし,設備故障・事故損失等の具体的なデータによる検証の必要性や今後の展開について述べる. 
(英) A high-safety facilities system on railway signalling system concerned by a safe related system, the initial investment is expensive, but it decreases the accident loss and is a rather economical in an evaluation of LCC. This study has focused on an evaluating LCC by considering railway traffic density and real operation data such as the number of facilities trouble and the accident.
キーワード (和) 鉄道信号 / 安全関連システム / 安全性 / LCC / 輸送密度 / 事故損失 / /  
(英) railway signalling / safety related system / Safety / Life Cycle Costing / traffic density / Accident Loss / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 4, SSS2014-1, pp. 1-4, 2014年4月.
資料番号 SSS2014-1 
発行日 2014-04-10 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2014-04-17 - 2014-04-17 
開催地(和) 日大理工学部駿河台キャンパス 
開催地(英) Nihon Univ. 
テーマ(和) 交通と安全を主として 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2014-04-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 鉄道信号における安全関連システムのLCC(ライフサイクルコスト)に関する研究(その1) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Life-cycle Costing of Safety-related Systems for Railway Signalling Systems (Part 1) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 鉄道信号 / railway signalling  
キーワード(2)(和/英) 安全関連システム / safety related system  
キーワード(3)(和/英) 安全性 / Safety  
キーワード(4)(和/英) LCC / Life Cycle Costing  
キーワード(5)(和/英) 輸送密度 / traffic density  
キーワード(6)(和/英) 事故損失 / Accident Loss  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 大吾 / Daigo Tsukamoto / ツカモト ダイゴ
第1著者 所属(和/英) 西日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR西日本)
West Japan Railway Company (略称: JR West)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大串 裕郁 / Hirofumi Oogushi / オオグシ ヒロフミ
第2著者 所属(和/英) 西日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR西日本)
West Japan Railway Company (略称: JR West)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 英夫 / Hideo Nakamura / ナカムラ ヒデオ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 聖 / Sei Takahashi / タカハシ セイ
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 正宣 / Masanori Yamamoto / ヤマモト マサノリ
第5著者 所属(和/英) 株式会社シグナルコンサルタント (略称: シグナルコンサルタント)
Signal Consultant (略称: Signal Consultant)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-17 13:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SSS 
資料番号 IEICE-SSS2014-1 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SSS-2014-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会