電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-28 17:15
デジタルスピーカ技術を用いた指向性スピーカの検討
石川武道横山秀磨高橋 大西勝 聡安田 彰法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) デジタル直接駆動スピーカシステムを用いた,振幅・位相制御による指向性制御法について述べる.本システムはデジタルマルチビット信号で駆動しているものを1ビット毎に分割し,アレイスピーカに対応させることで,各ユニットをデジタル1ビット信号で駆動することが可能になる.すなわち,Dフリップフロップをユニット毎に異なる数だけ接続することで,位相制御が可能になる.しかし,サイドローブを低減するため,各スピーカに重み付けを行う必要がある(振幅制御).本稿では,セグメント化したパルス幅の切り替えにより振幅制御を行い,サイドローブを約10dB抑えると同時に,スピーカの素子ばらつきの影響を低減する方法を紹介する.また,ユニット数による出力スペクトルの影響についても検討する. 
(英) The paper proposes a novel directive control method with amplitude-phase control for a beam forming speaker by using a digitally direct-driven system with an array loudspeaker. This system can achieve high directivity and control side-lobe attenuation with the amplitude-phase control. The output pulse width is controlled using pulse width modulation for changing the amplitude and phase by using several 1-bit D flip-flops because the sub-loudspeakers are driven by 1-bit digital signals without digital-to-analog controllers and amplifiers. A segmented noise shaping dynamic element matching method is used to reduce the noise generated by the mismatch of sub-loudspeakers, which degrades the signal-to-noise ratio. Furthermore, we research the influence by the difference in number of the units.
キーワード (和) デジタル直接駆動技術 / 指向性制御 / サイドローブ / パルス幅変調 / NSDEM / / /  
(英) Digitally Direct-Driven System / Directivity Control / Side-lobe / Pulse Width Modulation / NSDEM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 503, EA2013-127, pp. 43-48, 2014年3月.
資料番号 EA2013-127 
発行日 2014-03-21 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2014-03-28 - 2014-03-28 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英) NHK Science & Technology Research Labs. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2014-03-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルスピーカ技術を用いた指向性スピーカの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of directional speaker using a digitally direct-driven system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタル直接駆動技術 / Digitally Direct-Driven System  
キーワード(2)(和/英) 指向性制御 / Directivity Control  
キーワード(3)(和/英) サイドローブ / Side-lobe  
キーワード(4)(和/英) パルス幅変調 / Pulse Width Modulation  
キーワード(5)(和/英) NSDEM / NSDEM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 武道 / Takemichi Ishikawa / イシカワ タケミチ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 秀磨 / Syuma Yokoyama / ヨコヤマ シュウマ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 大 / dai Takahashi / タカハシ ダイ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西勝 聡 / Satochi Saikatu / サイカツ サトシ
第4著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 彰 / Akira Yasuda / ヤスダ アキラ
第5著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-28 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2013-127 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.503 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2014-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会