電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-28 14:50
指向性収音音声の強調方法について
阿部悠輝丹生 賢齋藤 毅三好正人金沢大EA2013-122
抄録 (和) 我々は遠隔音声高品質収音方法を検討している.本稿では,次の技術について報告する:
(1) 操舵可能なスポットライト形状の指向性収音ビームの生成方法
(2) 上記ビームを生成する2次元マイクロホンアレイの開口長短縮に有用な収音音声の強調方法
特に,(2) の信号処理は(開口長の短縮された結果)SN比の悪化した収音音声に雑音低減処理(GSS: generalized
spectral subtraction)を施し,音声の基本周波数F0を推定し,推定されたF0の倍音を増幅する(VB: virtual bass)
ことで,収音音声の品質を補う(回復する)方法である.CMOS主観評価実験の結果,VB処理を施した0.7~4 kHz
の指向性収音音声の品質と0.3~4 kHzの指向性収音音声の品質には大きな差の無いことが分かった.
キーワード マイクロホンアレイ,指向性ビーム,開口長,VB処理,一般化SS法 
(英) In order to make clear recordings of distant speech, we are studying the following technologies:
(1) Forming a steerable spotlight-shaped directional beam to capture distant-speech clearly, and
(2) Enhancing a captured speech signal to shorten the aperture length of a microphone-array.
In this report, first a 2D microphone-array is proposed to produce the directional beam. Then, a post processing is examined to enhance a speech signal captured with an array of a short aperture length. This processing consists of noise reduction GSS (generalized spectral subtraction) and bass-augmentation VB (virtual bass) based on psychoacoustic phenomenon “missing fundamental.” According to CMOS (comparison mean opinion score) experimental results, the quality of VB-processed speech, when captured with an array of a short aperture length covering 0.7-to-4 kHz, was almost the same as that of non-processed speech captured with an array of an aperture length covering 0.3-to-4 kHz.
キーワード (和) マイクロホンアレイ / 指向性ビーム / 開口長 / VB処理 / 一般化SS法 / / /  
(英) microphone array / directional beam / aperture length / virtual bass / generalized spectral subtraction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 503, EA2013-122, pp. 13-18, 2014年3月.
資料番号 EA2013-122 
発行日 2014-03-21 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2013-122

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2014-03-28 - 2014-03-28 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英) NHK Science & Technology Research Labs. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2014-03-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 指向性収音音声の強調方法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enhancement of speech captured with a unidiractional microphone-array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロホンアレイ / microphone array  
キーワード(2)(和/英) 指向性ビーム / directional beam  
キーワード(3)(和/英) 開口長 / aperture length  
キーワード(4)(和/英) VB処理 / virtual bass  
キーワード(5)(和/英) 一般化SS法 / generalized spectral subtraction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 悠輝 / Yuki Abe / アベ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丹生 賢 / Masaru Niu / ニウ マサル
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 毅 / Takeshi Saitou / サイトウ タケシ
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 正人 / Masato Miyoshi / ミヨシ マサト
第4著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-28 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2013-122 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.503 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2014-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会