電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-27 13:30
SSL/TLSのRC4へのActive Attack
大東俊博広島大)・五十部孝典ソニー)・渡辺優平神戸大)・野島 良NICT)・森井昌克神戸大ICSS2013-63
抄録 (和) 2013年にSSL/TLSのRC4においてBroadcast Settingのもとで比較的少数の暗号化パケットから高確率で平文を復元できることが五十部らとAlFardanらによって独立に
発見された.彼らの攻撃は,使用している脆弱性の性質から平文バイトの位置によって復元できる確率が異なるという特徴を持つ.本稿では,不正なJavaScriptを利用して任意の文字列を平文の上位バイトに挿入し,攻撃な有利な位置まで攻撃対象の平文バイトの位置をスライドさせることで,対象の平文バイトを復元できる確率を改善する方法を示す.例えば$2^{26}$個の暗号文が与えられたとき,従来の攻撃では平文の先頭の77バイトのうち先頭$41$バイトを除く全てのバイトを確率0.5以上で復元できるのに対し,提案手法では平文の先頭の96バイトのうち先頭$41$バイトを除く全てのバイトを確率0.7以上で復元できる.さらに,CBCモードのブロック暗号に対するActive AttackであるBEAST攻撃と比較することで,SSL/TLSにおけるRC4とCBCモードのブロック暗号の安全性について比較する. 
(英) In 2013, Isobe et al. and AlFardan et al. proposed practical plaintext recovery attacks on RC4 in SSL/TLS in the broadcast setting, independently. Their attacks have a property, in which the probability for recovering a plaintext byte is dependent on the position of the byte. In this paper, we give an active attack, which is a method to slide the position of a target plaintext byte into later byte of the plaintext. Our attack injects any bytes into the head of the plaintext by using malicious JavaScript. It causes improvement in probability for recovering
a lot of plaintext bytes. For example, although the previous attack can recover the all bytes except the first $41$ bytes of a first $77$ bytes of a plaintext with probability more than $0.5$, the proposed active attack can recover the all bytes except the first $41$ bytes of the first $96$ bytes of a plaintext with probability more than $0.7$, when $2^{26}$ ciphertexts are given. In addition, we compare the active attacks against CBC mode for block ciphers with that of RC4.
キーワード (和) RC4 / broadcast setting / active attack / 平文回復攻撃 / / / /  
(英) RC4 / broadcast setting / active attack / plaintext recovery attack / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 502, ICSS2013-63, pp. 7-12, 2014年3月.
資料番号 ICSS2013-63 
発行日 2014-03-20 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2013-63

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2014-03-27 - 2014-03-28 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,セキュリティ心理学とトラスト,一般 
テーマ(英) Communication Security, Security Psychology & Trust, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2014-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SSL/TLSのRC4へのActive Attack 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Active Attack on RC4 in SSL/TLS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RC4 / RC4  
キーワード(2)(和/英) broadcast setting / broadcast setting  
キーワード(3)(和/英) active attack / active attack  
キーワード(4)(和/英) 平文回復攻撃 / plaintext recovery attack  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大東 俊博 / Toshihiro Ohigashi / オオヒガシ トシヒロ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十部 孝典 / Takanori Isobe / イソベ タカノリ
第2著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 優平 / Yuhei Watanabe / ワタナベ ユウヘイ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野島 良 / Ryo Nojima / ノジマ リョウ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森井 昌克 / Masakatu Morii / モリイ マサカツ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-27 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2013-63 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.502 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2014-03-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会