お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-19 16:35
剛体へのタップ感を提示可能とする力積を用いたデバイスの検討
宮本靖久安藤英由樹前田太郎阪大HIP2013-104
抄録 (和) VRの分野において力覚提示装置の研究が行われ、バーチャル物体とのインタラクションを部分的に可能としている。しかし、バーチャルな質量のある物体(剛体)に対して「タッピング」や「つつく」といったインタラクションにおいては十分な感覚が得られておらず、実現するために大型モータが必要となっている。そこで、低出力・小型のモータによって、バーチャルな質量を持つ物体にタップした感覚を提示可能とする手法を提案する.物体の衝突時の運動量保存則を考慮し、タッピング動作時に指に生じる力積を装置によって再現することで,バーチャルな質量を持つ物体を提示することを目的とし、指に加わる力積とタップ時に人が知覚する物体の質量の関係について述べる. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 力覚 / 衝突 / 力積 / 質量 / タッピング / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 501, HIP2013-104, pp. 133-136, 2014年3月.
資料番号 HIP2013-104 
発行日 2014-03-10 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2013-104

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-19 
開催地(和) 東京大学本郷キャンパス 6号館 セミナー室A,D 
開催地(英) Tokyo Univ. 
テーマ(和) 力触覚,手,一般 
テーマ(英) Haptics,Hand, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2014-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 剛体へのタップ感を提示可能とする力積を用いたデバイスの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of impulse control type device for feeling of Tap 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 力覚 /  
キーワード(2)(和/英) 衝突 /  
キーワード(3)(和/英) 力積 /  
キーワード(4)(和/英) 質量 /  
キーワード(5)(和/英) タッピング /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 靖久 / Nobuhisa Miyamoto / ミヤモト ノブヒサ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 英由樹 / Hideyuki Ando / アンドウ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 太郎 / Taro Maeda / マエダ タロウ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-19 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2013-104 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.501 
ページ範囲 pp.133-136 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会