お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-18 14:30
EEG信号による運動抑制反応エラーの事前予測についての検討
山根彰太南部功夫和田安弘長岡技科大MBE2013-143
抄録 (和) 情報化社会の発展と共にヒューマンエラーの発生が問題となっている.このため,エラーの事前予測システムの開発が期待されている.近年行われた研究において,エラー発生前の脳信号より観測できる,α波・θ波・β波よりエラー発生を予測できる可能性が報告されている.本研究では,Electroencephalogram (EEG)よりエラー発生前特有の脳活動を検出し,単一試行でのエラー予測の可能性を検討した.実験には,10 人の被験者が Go/No-Go 課題を行い,解析では刺激を提示する-1000msec~0msec 間を用いて SVM によりエラー予測の精度を検証した.検証よりエラーの最大識別精度は 76%であり,10 人中 6 人の被験者で識別精度が有意に高いことが確認された(p<0.05).以上の結果から,EEG によってヒューマンエラーの発生を予測できる可能性を示唆した. 
(英) Occurrence of serious human error is a problem with the development of the information society. Recent studies using neural signatures of alpha, theta, and beta-band powers have shown that failures of attention or occurances of errors can be captured before they actually occur, suggesting that it is possible to predict the error prior to the motor responses. The goal of this study is to examine how accurately EEG signals before motor responses can predict occurrence of forthcoming errors in a single-trial offline classification. Ten subjects performed Go/No-Go task, and classification accuracy of occurrence of errors by Support Vector Machine (SVM) were investigated using 1000 msec before presenting a visual stimulus in the analysis. The classification results using the SVM showed mean classification accuracy was 76% , and that the accuracy was significantly higher in 6 out of 10 subject. This result suggests a possibility to predict errors by using EEG.
キーワード (和) EEG / Go/No-Go / ヒューマンエラー / SVM / / / /  
(英) EEG / Go/No-Go / human error / SVM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 499, MBE2013-143, pp. 157-162, 2014年3月.
資料番号 MBE2013-143 
発行日 2014-03-10 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2013-143

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-18 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EEG信号による運動抑制反応エラーの事前予測についての検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Predicting failure of motor inhibition from preceding EEG signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) EEG / EEG  
キーワード(2)(和/英) Go/No-Go / Go/No-Go  
キーワード(3)(和/英) ヒューマンエラー / human error  
キーワード(4)(和/英) SVM / SVM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 彰太 / Shota Yamane / ヤマネ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 南部 功夫 / Isao Nambu / ナンブ イサオ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 安弘 / Yasuhiro Wada / ワダ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-18 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2013-143 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会