電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-18 11:30
円柱状光拡散体における内部蛍光体イメージング手法の開発 ~ 生体内部蛍光体の経皮透視をめざして ~
小川大貴北大)・浪田 健京大)・加藤祐次清水孝一北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 経皮蛍光イメージングにおける劣化画像の復元には,点拡がり関数(PSF)によるデコンボリューション処理が有効である.円柱拡散体の場合,2次元PSFが非円対称となり,単純な2次元デコンボリューションでは,復元形状が不完全であった.そこでこのPSFを円対称と非円対称成分に分割した新たな形状復元手法を開発した.シミュレーションおよび実験によりその有効性を確認するとともに,生体組織への適用可能性を検証した. 
(英) To improve the transcutaneous fluorescent image of an animal body, we derived a point-spread function (PSF) at a cylindrical surface of a diffuse scattering medium. In this technique, distortion problem of the restored shape was remained. To solve this problem, a new technique was developed. In this technique, the asymmetric 2 dimensional PSF was divided into parts, or the symmetric and asymmetric parts. The feasibility of the proposed technique was verified in the simulation and experiments. The applicability to the biological tissue was also verified.
キーワード (和) 蛍光イメージング / 点拡がり関数 / 逆畳み込み積分 / 三次元再構成 / / / /  
(英) fluorescent imaging / point-spread function (PSF) / deconvolution / 3-dimentional reconstruction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 499, MBE2013-137, pp. 121-126, 2014年3月.
資料番号 MBE2013-137 
発行日 2014-03-10 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-18 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 円柱状光拡散体における内部蛍光体イメージング手法の開発 
サブタイトル(和) 生体内部蛍光体の経皮透視をめざして 
タイトル(英) Development of imaging technique for fluorescent object in cylindrical turbid medium 
サブタイトル(英) For transcutaneous fluorescent imaging through animal tissue 
キーワード(1)(和/英) 蛍光イメージング / fluorescent imaging  
キーワード(2)(和/英) 点拡がり関数 / point-spread function (PSF)  
キーワード(3)(和/英) 逆畳み込み積分 / deconvolution  
キーワード(4)(和/英) 三次元再構成 / 3-dimentional reconstruction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 大貴 / Daiki Ogawa / オガワ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浪田 健 / Takeshi Namita / ナミタ タケシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 祐次 / Yuji Kato / カトウ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 孝一 / Koichi Shimizu / シミズ コウイチ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-18 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2013-137 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会