お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-17 15:40
変位筋音図と筋電図の同時計測による等尺性筋収縮の評価
小西有人・○岡 久雄岡山大MBE2013-128
抄録 (和) 人は骨格筋を収縮させることで様々な関節運動を行っている.筋の収縮機能を評価するためには,筋収縮に対する入出力信号であるEMGとMMGを同時計測することが必要である.本研究では,独自に開発したEMGとMMGを同時計測できるMMG/EMGハイブリッドセンサを用いて,大腿四頭筋の等尺性収縮機能の新たな評価方法を開発した.被験者に2種類の等尺性収縮を行わせた結果,収縮させる信号(EMG)と収縮した結果の信号(MMG)を個別にかつ経時的に評価できるようになった.また同時に筋疲労の様子も推測できる指標を提案した. 
(英) In order to evaluate the contractile function of the muscle, it is necessary to measure the MMG and EMG signals simultaneously which are input and output for muscle contraction, respectively. In this study, we proposed a new evaluation method of isometric contractile function of the quadriceps muscle using the MMG / EMG hybrid sensor that can measure the MMG and EMG simultaneously. From the two types of isometric contraction which subjects performed, it has become possible to evaluate input and output signals for the muscle contraction numerically and independently. We also proposed an index that can estimate the muscle fatigue.
キーワード (和) 変位筋音図 / 表面筋電図 / 筋疲労 / 筋音図 / 等尺性収縮 / / /  
(英) displacement-MMG / surface-EMG / muscle fatigue / MMG / isometric contraction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 499, MBE2013-128, pp. 69-72, 2014年3月.
資料番号 MBE2013-128 
発行日 2014-03-10 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2013-128

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-18 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変位筋音図と筋電図の同時計測による等尺性筋収縮の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of isometric muscle contraction by simultaneous measurement of displacement-MMG and EMG 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変位筋音図 / displacement-MMG  
キーワード(2)(和/英) 表面筋電図 / surface-EMG  
キーワード(3)(和/英) 筋疲労 / muscle fatigue  
キーワード(4)(和/英) 筋音図 / MMG  
キーワード(5)(和/英) 等尺性収縮 / isometric contraction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 有人 / Yuto Konishi / コニシ ユウト
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 久雄 / Hisao Oka / オカ ヒサオ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-17 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2013-128 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会