お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-17 11:40
ノイズ項を含むFitzHugh-Nagumoモデルを線形化した神経伝達に関する研究
田村優典西川 敦信州大NC2013-90
抄録 (和) 自然界に普遍的に存在するノイズが含まれている系を解析することは困難であったが,非線形力学や確率論,計算機科学の発展によって,それらが可能となってきた.それらの代表例として脳が挙げられる.脳はニューロンという単一素子からなるが,他のニューロンと形成する神経ネットワークによって機能が異なる.本研究では,単一のニューロンに含まれているノイズにどのような役割があるかを,すでにモデル化されているFitzHugh-Nagumoモデルを用いてノイズのない系とノイズを与えた系を不動点近傍において局所的に解析した. 
(英) The recent progress of nonlinear dynamics, probability theory and computer science is making it possible to analyze the system including noise, for example, the brain dynamics. The brain consists of a huge number of neurons, each of them connecting to other neurons, and each function differs according to the connectivity. In order to uncover a role that noise plays in a single neuron, we analyzed both the noise free system and the system with noise around a fixed point using FitzHugh-Nagumo model.
キーワード (和) 非線形力学 / ホワイトノイズ / 神経伝達 / / / / /  
(英) Nonlinear Dynamics / Whitenoise / Nerve Transmission / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 500, NC2013-90, pp. 17-20, 2014年3月.
資料番号 NC2013-90 
発行日 2014-03-10 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2013-90

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-18 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2014-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノイズ項を含むFitzHugh-Nagumoモデルを線形化した神経伝達に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nerve transmission based on the linearization of FitzHugh-Nagumo model with a noise term 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形力学 / Nonlinear Dynamics  
キーワード(2)(和/英) ホワイトノイズ / Whitenoise  
キーワード(3)(和/英) 神経伝達 / Nerve Transmission  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 優典 / Yusuke Tamura / タムラ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 敦 / Atsushi Nishikawa / ニシカワ アツシ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-17 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2013-90 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.500 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NC-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会