お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-14 16:00
ネットワーク機能仮想化によるEPCシグナリングの輻輳抑制手法の提案
臼井 健野一色裕人橋本健志北辻佳憲KDDI研ICM2013-75
抄録 (和) スマートフォンの増加に伴って移動管理を行うEPC(Evolved Packet Core: LTEの移動管理システム)の通信制御(シグナリング)の変動が拡大し,シグナリングのピークを見込んだ設備の確保がEPC設備のコスト高を招く恐れがある.現在,常時稼働させるEPC設備の台数を削減するため,EPCの各種NW機能は汎用ハードウェアで実装されたサーバ内の仮想マシン上にインストールし必要に応じて各機能を移動体網に接続させることが検討されている.しかし,予測できないほどに急峻にシグナリングが増加しEPC設備に到着した場合の輻輳抑制手法については十分に検討されていない.本稿では,3GPP標準の手続きを踏まえ,急峻に増加するシグナリングに対して,仮想化技術によって処理容量を一時的に増強する輻輳抑制手法を提案する.提案方式では,端末単位ではなく,輻輳の原因となっている装置単位でシグナリングを送ることで,輻輳抑制のために送信するシグナリングメッセージ数を抑える. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) ネットワーク機能仮想化 / EPC / 輻輳抑制 / ネットワーク管理 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 492, ICM2013-75, pp. 137-142, 2014年3月.
資料番号 ICM2013-75 
発行日 2014-03-06 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2013-75

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2014-03-13 - 2014-03-14 
開催地(和) イーフ情報プラザ(久米島) 
開催地(英)  
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2014-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク機能仮想化によるEPCシグナリングの輻輳抑制手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Congestion Control of EPC Signaling by Using Network Function Virtualization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワーク機能仮想化 /  
キーワード(2)(和/英) EPC /  
キーワード(3)(和/英) 輻輳抑制 /  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク管理 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼井 健 / Takeshi Usui / ウスイ タケシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc (略称: KDDI Labo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野一色 裕人 / Yujin Noishiki / ノイシキ ユウジン
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc (略称: KDDI Labo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 健志 / Takeshi Hashimoto / ハシモト タケシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc (略称: KDDI Labo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北辻 佳憲 / Yoshinori Kitatsuji /
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc (略称: KDDI Labo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-14 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2013-75 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.492 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2014-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会