電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-14 15:50
アドホックネットワークにおけるTCP通信のグッドプットを改善する早期再送
小原知也若原 恭東大MoNA2013-76
抄録 (和) 近年の車車間通信によるネットワークへの期待や自然災害に対する救助等への応用により,アドホックネットワークの利用の可能性が増えてきている.そのような多彩な環境の上で信頼性ある通信が求められる際にはTCPを利用することが考えられるが,アドホックネットワーク上でTCPを用いた場合,グッドプットが大きく低下してしまうことが知られている.アドホックネットワークでは,ノードの動きによってリンクが途切れやすくなりルートの入れ替わりが激しく,またマルチホップ無線通信によってパケットの衝突が頻発する.これによって輻輳が生じていない場合でもTCPによって輻輳だと誤認されてしまい,不適切な再送タイムアウト(RTO)を引き起こしグッドプットが低下してしまう.そこでこのような不適切なRTOを回避するために,RTOよりも早期のルートの再セットアップ及びパケット再送を行い,グッドプットの改善を行う.シミュレーション実験によりこの手法が最も良く働くパラメータの調整を行い,グッドプットの低下を抑えるために有効性があることを確認した. 
(英) In recent years, the expectation of networks for inter-vehicle communication, the utilization for natural disasters relief etc. have widened the applications of ad hoc networks. When a reliable communication is required under a variety of such a network, TCP is to be used. However, it is well known that the goodput of TCP degrades significantly in ad hoc networks. In ad hoc networks, a route is likely to change because of link breakage by node mobility, and there will be frequent packet collisions in multi-hop wireless communication. This leads to the misjudgment of congestion by TCP, and as the result, there will be inappropriate RTO(timeout) to decrease its goodput. Therefore, we propose early route re-setup and early packet re-transmission, to improve the goodput by avoiding inappropriate RTO. By some simulation experiments, we adjust the parameters of proposed method, and demonstrate the effectiveness of the proposal in suppressing the decrease in the goodput.
キーワード (和) アドホックネットワーク / TCP / グッドプット / RTO / / / /  
(英) Ad Hoc Networks / TCP / Goodput / RTO / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 495, MoNA2013-76, pp. 119-124, 2014年3月.
資料番号 MoNA2013-76 
発行日 2014-03-07 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2013-76

研究会情報
研究会 MoNA IPSJ-MBL IPSJ-UBI  
開催期間 2014-03-14 - 2014-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学(日吉キャンパス) 
開催地(英) Keio Univ. (Hiyoshi Campus) 
テーマ(和) モバイルアプリケーション, ユビキタスサービス, モバイルアドホックネットワーク, モバイル時代を支える次世代無線技術, ユビキタスシステム, フィー ルドセンシングおよび一般 
テーマ(英) Mobile Applications, Ubiquitous Services, Mobile Communication, Ad hoc network, Next Generation Wireless Technologies, Field Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2014-03-MoNA-MBL-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおけるTCP通信のグッドプットを改善する早期再送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Early Re-transmission for Improving TCP Goodput over Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad Hoc Networks  
キーワード(2)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(3)(和/英) グッドプット / Goodput  
キーワード(4)(和/英) RTO / RTO  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 知也 / Tomoya Ohara / オハラ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若原 恭 / Yasushi Wakahara / ワカハラ ヤスシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-14 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2013-76 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.495 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2014-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会