電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-12 09:55
オブジェクトの動的特徴に着目した実行トレースの抽象化
戸田達也名大)・小林隆志東工大)・渥美紀寿名大)・阿草清滋京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) オブジェクト指向ソフトウェアの振舞い理解のために,実行トレースをシーケンス図に可視化する手法が提案されている.実行トレースを全て可視化するとシーケンス図が巨大となり,振舞いの概要の理解が困難になる.本研究では振舞いの概要理解を支援するために,実行トレースの抽象化手法を提案する.提案手法では,動的特徴に着目し,オブジェクトの参照関係と生存期間の情報に基づいて実行トレース中の一時オブジェクトを判定・除去する.提案手法を 3 種類のオープンソースソフトウェアの実行トレースへ適用し,一時オブジェクトの判定・除去の妥当性を議論する. 
(英) In this paper, we propose a method that abstracts an execution trace to help us to understand an outline of OO-software behavior.There is a method that visualizes an execution trace as a sequence diagram to comprehend a behavior of OO-software.A sequence diagram is often too huge to comprehend an outline of behavior due to size of an execution trace.Our method identifies and removes temporary objects in an execution trace by focusing on reference relations and lifetime as dynamic characteristics of objects.We conduct case studies with three open source software and discuss effectiveness of our approach.
キーワード (和) プログラム理解 / シーケンス図 / 動的解析 / 動的特徴 / 生存期間 / / /  
(英) program comprehension / sequence diagram / dynamic analysis / dynamic characteristics / object lifetime / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 489, SS2013-86, pp. 85-90, 2014年3月.
資料番号 SS2013-86 
発行日 2014-03-04 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2014-03-11 - 2014-03-12 
開催地(和) てんぷす那覇:第1・2会議室 
開催地(英) Tenbusu Naha 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Software Science 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2014-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オブジェクトの動的特徴に着目した実行トレースの抽象化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Execution Trace Abstraction by Dynamic Characteristics of Objects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラム理解 / program comprehension  
キーワード(2)(和/英) シーケンス図 / sequence diagram  
キーワード(3)(和/英) 動的解析 / dynamic analysis  
キーワード(4)(和/英) 動的特徴 / dynamic characteristics  
キーワード(5)(和/英) 生存期間 / object lifetime  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 達也 / Tatsuya Toda / トダ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 隆志 / Takashi Kobayashi / コバヤシ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渥美 紀寿 / Noritoshi Atsumi / アツミ ノリトシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿草 清滋 / Kiyoshi Agusa / アグサ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-12 09:55:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2013-86 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2014-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会