お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-11 15:40
周波数領域等化を用いたシングルキャリア伝送の性能評価
宮崎真一郎山嵜彰一郎職能開発大)・河野隆二横浜国大IT2013-90 ISEC2013-119 WBS2013-79
抄録 (和) 周波数領域等化を用いたシングルキャリア伝送であるSC-FDE(Single Carrier-Frequency Domain Equalization)は,GI(Guard interval)としてCP(Cyclic Prefix)を挿入して送信する.マルチパスの遅延波がCP長に収まるときにはマルチパス耐性を保つが伝送効率が低下してしまう.一方,CPを挿入することなくブロック間干渉を抑える手法としてOverlap-FDEが提案されており,著者らはその改良方式として同期加算を用いた手法を提案している.マルチパスの遅延波がCP長に収まる環境では,SC-FDEが有利だが,伝送効率の違いを考慮した比較がなされていない.本稿では,CPを用いるSC-FDEとCPを用いない同期加算を用いたOverlap-FDEにおいて,伝送効率を考慮した比較手法を提案し,計算機シミュレーションにより特性を評価する.特性評価の結果,マルチパスや変調方式にかかわらず,同期加算を用いたOverlap-FDEの特性が優れていることを明らかにする. 
(英) Single carrier(SC) method using frequency domain equalization(FDE) is a promising technique to cope with multipath channels in wireless communications. A cyclic prefix(CP) is often used to avoid inter-block interference(IBI) under multipath channel conditions. Howおがever, the CP insertion reduces the transmission efficiency. An overlap-FDE is a technique to avoid the CP insertion, but the residual interferences often exist after the FDE processing. We have proposed an overlap FDE with coherent averaging which suppresses the residual interferences of the conventional overlap FDE outputs and improves the equalization performances. In this paper, we evaluate and compare the bit error rate (BER) performances of SC using FDE with CP and without CP on condition of the same transmission efficiency.
キーワード (和) 周波数領域等化 / オーバーラップ / サイクリックプレフィックス / 同期加算 / / / /  
(英) frequency domain equalization / overlap FDE / cyclic prefix / coherent averaging / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 483, IT2013-90, pp. 227-232, 2014年3月.
資料番号 IT2013-90 
発行日 2014-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2013-90 ISEC2013-119 WBS2013-79

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2014-03-10 - 2014-03-11 
開催地(和) 名古屋大学 東山キャンパス 
開催地(英) Nagoya Univ., Higashiyama Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2014-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数領域等化を用いたシングルキャリア伝送の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Single Carrier Transmission Using Frequency Domain Equalization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数領域等化 / frequency domain equalization  
キーワード(2)(和/英) オーバーラップ / overlap FDE  
キーワード(3)(和/英) サイクリックプレフィックス / cyclic prefix  
キーワード(4)(和/英) 同期加算 / coherent averaging  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 真一郎 / Shinichiro Miyazaki / ミヤザキ シンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic University (略称: Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山嵜 彰一郎 / Shoichiro Yamasaki / ヤマサキ ショウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic University (略称: Polytechnic Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆二 / Ryuji Kohno / コウノ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-11 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-90,IEICE-ISEC2013-119,IEICE-WBS2013-79 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.483(IT), no.484(ISEC), no.485(WBS) 
ページ範囲 pp.227-232 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2014-03-03,IEICE-ISEC-2014-03-03,IEICE-WBS-2014-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会