お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-11 14:35
組織Reed-Solomon符号を用いた秘密分散法とその応用について
山嵜彰一郎松嶋智子大野成義職能開発大IT2013-88 ISEC2013-117 WBS2013-77
抄録 (和) 秘密分散法は,ある秘密情報をn個のシェアと呼ばれる情報に分散させ,このとき,k個のシェアを集めなければ,元の秘密情報を復元できないようにシェアを構成する方式であり,このような秘密分散法は(k,n)しきい値法と呼ばれ,Reed-Solomon(RS)符号を用いると実現できることが知られている.
本研究では,組織RS符号を用いて(k,n)しきい値法を実現する場合,秘密情報に依存しない任意に設定されるシェアが存在することに着目した2個の応用を示す.
第1の応用では,複数のユーザのグループが各々(k,n)しきい値の秘密分散による
情報保護を実施する場合,グループ間に重複するシェアを設定することによる各グループの秘密情報への効率的なアクセス方式を提案する.
第2の応用では,無線パケット通信における物理層のセキュリティ技術と(k,n)しきい値の秘密分散を用いた情報保護方式の解析評価を示す. 
(英) Secret sharing is a method in which the source information is divided into n shares and the source information is reconstructed from any k shares but no knowledge of the source information is not revealed from k-1 shares.
This algorithm is called (k,n) threshold scheme and is implemented by using Reed-Solomon(RS) coding.
In this study, we propose applications of (k,n) threshold secret sharing scheme implemented by systematic RS coding in which there exist arbitrary decided shares. Assuming that some user groups have secret informations and each secret information is protected by the secret sharing, a scheme which accesses to each secret information by the share commonly used with the groups is proposed in one application.
An analytical evaluation of the information protection of the wireless packet transmission based on the secret sharing scheme and the physical layer security is shown in the other application.
キーワード (和) 秘密分散 / リードソロモン符号 / 物理層のセキュリティ / / / / /  
(英) secret sharing / Reed-Solomon codes / physical layer security / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 485, WBS2013-77, pp. 215-220, 2014年3月.
資料番号 WBS2013-77 
発行日 2014-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2013-88 ISEC2013-117 WBS2013-77

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2014-03-10 - 2014-03-11 
開催地(和) 名古屋大学 東山キャンパス 
開催地(英) Nagoya Univ., Higashiyama Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2014-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 組織Reed-Solomon符号を用いた秘密分散法とその応用について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On a secret sharing scheme with systematic Reed-Solomon codes and its applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘密分散 / secret sharing  
キーワード(2)(和/英) リードソロモン符号 / Reed-Solomon codes  
キーワード(3)(和/英) 物理層のセキュリティ / physical layer security  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山嵜 彰一郎 / Shoichiro Yamasaki / ヤマサキ ショウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic university (略称: Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 智子 / Tomoko K. Matsushima / マツシマ トモコ
第2著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic university (略称: Polytechnic Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 成義 / Shigeyoshi Ohno / オオノ シゲヨシ
第3著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic university (略称: Polytechnic Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-11 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2013-88,IEICE-ISEC2013-117,IEICE-WBS2013-77 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.483(IT), no.484(ISEC), no.485(WBS) 
ページ範囲 pp.215-220 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2014-03-03,IEICE-ISEC-2014-03-03,IEICE-WBS-2014-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会