お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-11 13:10
2次元配列MIMOアレーアンテナのOTA評価
小川晃一本田和博李 鯤富山大AP2013-196
抄録 (和) 本論文では,2次元的に配列されたMIMOアレーアンテナのOTA評価法について述べる.原理的には,全立体角に渡って多数の散乱体を3次元的に配置することによって2次元配列MIMOアレーアンテナのOTA評価を行うことが可能である.しかしながら,これは装置の巨大化を招き現実的でない.そこで,我々は2次元配列MIMOアレーアンテナのOTA評価を行うために必要な最小限の散乱体数とその配置法を求めた.その結果,極めて限定した散乱体数であっても,散乱体の個数と間隔を適切に選定することによって,多数の散乱体を全立体角に配列した場合と同等の評価ができ,装置が実現可能であることがわかった. 
(英) This paper presents a new methodology of the OTA assessment for 2-dimensional arrangement MIMO array antennas. We have studied the minimum number of scatterers required for conducting a 3-dimensional OTA in a practical apparatus. Particular emphasis is placed on how well handset MIMO antennas with a 2D-structure are characterized using the limited number of scatterers implemented in a fading emulator. The results show the condition that a 3D-OTA with the prescribed parameters allows the correlation to be reduced, which permits the channel capacity to increase as the same way that many scatterers are distributed over the whole solid angle.
キーワード (和) OTA / フェージングエミュレータ / MIMOアンテナ / 2次元配列アレー / 3次元チャネルモデル / / /  
(英) OTA / Fading emulator / MIMO antenna / 2-dimensional array antenna / 3-dimensional channel model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 487, AP2013-196, pp. 63-68, 2014年3月.
資料番号 AP2013-196 
発行日 2014-03-03 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2013-196

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-03-10 - 2014-03-11 
開催地(和) 郡山市労働福祉会館 
開催地(英) Koriyama City Rodo Fukushi Kaikan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2次元配列MIMOアレーアンテナのOTA評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) OTA Assessment for 2-Dimensional Arrangement MIMO Array Antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OTA / OTA  
キーワード(2)(和/英) フェージングエミュレータ / Fading emulator  
キーワード(3)(和/英) MIMOアンテナ / MIMO antenna  
キーワード(4)(和/英) 2次元配列アレー / 2-dimensional array antenna  
キーワード(5)(和/英) 3次元チャネルモデル / 3-dimensional channel model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 晃一 / Koichi Ogawa / オガワ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 和博 / Kazuhiro Honda / ホンダ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 鯤 / Kun Li / リ コン
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-11 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-196 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.487 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会