お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-11 12:05
RGB-Dセンサを用いたロコモティブシンドロームの評価方法のための基礎研究
田村宏樹百瀬幸太淡野公一宮崎大NLP2013-182
抄録 (和) 本稿では,RGB-Dセンサ(キネクトセンサ)を用いバイオロジカルモーション(体の関節対の3次元位置情報)を計測し,得られるデータから特徴量を抽出し,ロコモティブシンドロームを評価する一指標であるロコモ指数25との相関関係を調査する.高い相関関係を示す特徴量が得られれば,RGB-Dセンサを用いたロコモティブシンドロームの定量的評価法が確立することになる.実験結果から,歩行時のひざ関節角度から得られる特徴量と開眼片足立ちの時の体の軸から得られる特徴量に一定の相関関係があることがわかったので本稿で報告する. 
(英) In this paper, we propose the evaluation method for for patient with locomotive syndrome using a RGB-D sensor. Proposal method measures the biological motion using a RGB-D sensor.We analyze the correlation between the feature extraction amount from the biological motion data and the 25-question geriatric locomotive functional scale. If high correlation is obtained by proposal method, the evaluation method for the locomotive syndrome using RGB-D sensor is established.From our experimental results, we show that the knee joint angle during walking and the standing one leg eyes open have the correlation with the 25-question geriatric locomotive functional scale.
キーワード (和) RGB-Dセンサ / ロコモ指数25 / 重回帰分析 / / / / /  
(英) RGB-D Sensor / 25-Question Geriatric Locomotive Functional Scale / Multiple Regression Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 486, NLP2013-182, pp. 103-106, 2014年3月.
資料番号 NLP2013-182 
発行日 2014-03-03 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2013-182

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2014-03-10 - 2014-03-11 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英) Sophia University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RGB-Dセンサを用いたロコモティブシンドロームの評価方法のための基礎研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic study on evaluation method for patient with locomotive syndrome using a RGB-D sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RGB-Dセンサ / RGB-D Sensor  
キーワード(2)(和/英) ロコモ指数25 / 25-Question Geriatric Locomotive Functional Scale  
キーワード(3)(和/英) 重回帰分析 / Multiple Regression Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 宏樹 / Hiroki Tamura / タムラ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 百瀬 幸太 / Kouta Momose / モモセ コウタ
第2著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 淡野 公一 / Koichi Tanno / タンノ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-11 12:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2013-182 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.486 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2014-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会