お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-10 11:25
定常無記憶通信路のε通信路容量
八木秀樹電通大)・野村 亮専修大IT2013-57 ISEC2013-86 WBS2013-46
抄録 (和) 複数の定常無記憶通信路の混合によって通信路確率が与えられる混合通信路に対して,$varepsilon$通信路容量のシングルレター表現は,Winkelbauerによって導入されたregular decomposable 通信路など特別な例を除いて,一般には知られていない.本稿では,有限の入力アルファベットを持つ高々加算無限個の定常無記憶通信路から成る混合通信路に対し,入力系列に対するコスト制約がある場合とない場合における$varepsilon$通信路容量のシングルレター表現を与える.また,入出力アルファベットを有限に限った場合には,一般の確率測度による定常無記憶通信路の混合通信路に対する$varepsilon$通信路容量のシングルレター表現が得られることを示す.与えたシングルレター表現は,特に$varepsilon=0$とおくとAhlswedeによって与えられた通信路容量のシングルレター表現と一致することを示す.符号化定理の証明において,Polyanskiy, Poor and Verd'uにより与えられたmeta converse 限界式を混合通信路に対する解析に有用な形に変形できることを示す. 
(英) For the class of mixed channels decomposed into stationary memoryless channels, single-letter characterizations of the $varepsilon$-capacity have not been known except for restricted classes of channels such as the regular decomposable channel introduced by Winkelbauer.
This paper gives single-letter characterizations of $varepsilon$-capacity for mixed channels decomposed into at most countably many memoryless channels with a finite input alphabet with/without cost constraints. For the case of finite input and output alphabets, a single-letter characterization of $varepsilon$-capacity is also provided for mixed channels under a general mixing probability measure. It is shown that a given characterization reduces to the one for the channel capacity given by Ahlswede when $varepsilon$ is zero. In the proof of the coding theorem, the meta converse bound, originally given by Polyanskiy, Poor and Verdu, is particularized for the mixed channel decomposed into general component channels.
キーワード (和) 混合通信路 / 通信路容量 / 符号化定理 / ブロックフェ―ディング通信路 / / / /  
(英) mixed channel / channel capacity / coding theorem / block fading channel / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 483, IT2013-57, pp. 19-26, 2014年3月.
資料番号 IT2013-57 
発行日 2014-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2013-57 ISEC2013-86 WBS2013-46

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2014-03-10 - 2014-03-11 
開催地(和) 名古屋大学 東山キャンパス 
開催地(英) Nagoya Univ., Higashiyama Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2014-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 定常無記憶通信路のε通信路容量 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Single-Letter Characterization of Epsilon-Capacity for Mixed Memoryless Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 混合通信路 / mixed channel  
キーワード(2)(和/英) 通信路容量 / channel capacity  
キーワード(3)(和/英) 符号化定理 / coding theorem  
キーワード(4)(和/英) ブロックフェ―ディング通信路 / block fading channel  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 秀樹 / Hideki Yagi / ヤギ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 亮 / Ryo Nomura / ノムラ リョウ
第2著者 所属(和/英) 専修大学 (略称: 専修大)
Senshu University (略称: Senshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-10 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-57,IEICE-ISEC2013-86,IEICE-WBS2013-46 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.483(IT), no.484(ISEC), no.485(WBS) 
ページ範囲 pp.19-26 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2014-03-03,IEICE-ISEC-2014-03-03,IEICE-WBS-2014-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会