お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-10 13:45
再帰ベクトル生成に基づいたMax-Log-MAP復号
日下卓也岡山大IT2013-66 ISEC2013-95 WBS2013-55
抄録 (和) 二元線形符号に適用可能なMax-Log-MAP復号を提案する. 提案法は, 筆者らが提案した再帰ベクトル生成手法を使用することにより実現され, 符号の構造をほとんど使用しないため, 構造が良く知られていない符号にも適用可能である. 符号長64 までのいくつかの二元線形符号に関するシミュレーション結果により, 提案法の有効性を示す. 
(英) n previous research, the author, Yokoyama and Fujiwara proposed an MLD using a recursive vector generator for linear codes. Based on the algorithm, the author proposes a Max-Log-MAP decoding for linear codes. Though the proposed algorithm can be applied for any binary linear codes, the average computational complexity of the proposed algorithm becomes larger than that of the Max-Log-MAP decoding based on Viterbi decoding for the codes where Viterbi decoding is feasible. An analysis is shown to explain the increase of the average computational complexity of the proposed algorithm.
キーワード (和) Max-Log-MAP復号 / 再帰ベクトル生成 / 二元線形符号 / / / / /  
(英) Max-Log-MAP Decoding / Recursive Vector Generator / Binary Linear Codes / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 483, IT2013-66, pp. 77-80, 2014年3月.
資料番号 IT2013-66 
発行日 2014-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2013-66 ISEC2013-95 WBS2013-55

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2014-03-10 - 2014-03-11 
開催地(和) 名古屋大学 東山キャンパス 
開催地(英) Nagoya Univ., Higashiyama Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2014-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 再帰ベクトル生成に基づいたMax-Log-MAP復号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Max-Log-MAP Decoding Using a Recursive Vector Generator for Binary Linear Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Max-Log-MAP復号 / Max-Log-MAP Decoding  
キーワード(2)(和/英) 再帰ベクトル生成 / Recursive Vector Generator  
キーワード(3)(和/英) 二元線形符号 / Binary Linear Codes  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日下 卓也 / Takuya Kusaka / クサカ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-10 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-66,IEICE-ISEC2013-95,IEICE-WBS2013-55 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.483(IT), no.484(ISEC), no.485(WBS) 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2014-03-03,IEICE-ISEC-2014-03-03,IEICE-WBS-2014-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会