お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-10 11:25
周波数選択性ブロックフェージング環境下における畳み込み符号化BICM-OFDMのインターリーバ最適化
堀 勇太落合秀樹横浜国大IT2013-64 ISEC2013-93 WBS2013-53
抄録 (和) ビットインターリーブ符号化変調(BICM)と直交周波数分割多重方式(OFDM)の組み合わせは多くの無線通信システムに用いられているが,インターリーバについては一般的に簡易性からランダムな構造を有するものが仮定される.しかし近年の研究によりBICMと畳み込み符号を組み合わせる場合,AWGN通信路においてはインターリーブを行わない方が良い特性を示すことが知られている.一方で,周波数選択性フェージング通信路に適したインターリーバ構成については十分な検討がなされていない.そこで本稿では,BICM-OFDMシステムにおいてブロックインターリーバをベースとしたインターリーバ最適化手法を提案するとともに,周波数選択性レイリーおよびライスフェージング環境下においてその有効性を示す. 
(英) A bit-interleaved coded modulation (BICM) system combined with orthogonal frequency-division multiplexing (OFDM) has been adopted in many recent wireless standards, where the random interleaver is commonly assumed due to its simplicity of analysis for BICM. On the other hand, the recent results have shown that BICM using convolutional code without any interleaving shows better performance than that with bit interleaving over an AWGN channel without fading. Nevertheless, the interleaver design suitable for BICM with convolutional code over general fading channels has not been well studied. In this work, we propose an approach for optimizing conventional block interleavers in the framework of BICM-OFDM and demonstrate its effectiveness over frequency-selective Rayleigh and Ricean fading channels.
キーワード (和) BICM-OFDM / 畳み込み符号 / インターリーバ最適化 / 周波数選択性ブロックフェージング / / / /  
(英) BICM-OFDM / convolutional code / interleaver optimization / frequency-selective block fading / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 483, IT2013-64, pp. 67-72, 2014年3月.
資料番号 IT2013-64 
発行日 2014-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2013-64 ISEC2013-93 WBS2013-53

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2014-03-10 - 2014-03-11 
開催地(和) 名古屋大学 東山キャンパス 
開催地(英) Nagoya Univ., Higashiyama Campus 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2014-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数選択性ブロックフェージング環境下における畳み込み符号化BICM-OFDMのインターリーバ最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Optimization of Interleaver for Convolutionally coded BICM-OFDM over Frequency-Selective Block Fading Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BICM-OFDM / BICM-OFDM  
キーワード(2)(和/英) 畳み込み符号 / convolutional code  
キーワード(3)(和/英) インターリーバ最適化 / interleaver optimization  
キーワード(4)(和/英) 周波数選択性ブロックフェージング / frequency-selective block fading  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 勇太 / Yuta Hori / ホリ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-10 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-64,IEICE-ISEC2013-93,IEICE-WBS2013-53 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.483(IT), no.484(ISEC), no.485(WBS) 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2014-03-03,IEICE-ISEC-2014-03-03,IEICE-WBS-2014-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会