電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-10 09:20
自動的にネットワークして成長する知能 ~ デジタル言語にもとづく個体と人類の知能のネットワーク要求解析 ~
得丸公明システムエンジニアCOMP2013-60
抄録 (和) あらまし 言語と人類の誕生は,中石器時代の南アフリカのインド洋・大西洋沿岸地域で,今から7万7千年前に,クリック子音という音素を獲得し,6万6 千年前に喉頭降下がおきて母音のアクセントを獲得し,モーラ性をもつ音節を獲得したことによる.音素性は,音素の順列組み合わせによって,無限の単語(概念後)を作り出すことを可能にし,モーラ性は,アクセントがもつエネルギーのおかげで,すべての音節が相手に伝わることを保証し,「主として単音節の付加または変化によって,意味の連接および修飾を指示する論理スイッチ」として定義可能な文法が生まれた.
言語の生物的基礎は,脊髄記号反射のメカニズムであろう.概念は,脊椎動物の記号反射における記号として,脳幹網様体で音韻波形が抗原として提示され,脳脊髄液中のBリンパ球の抗体(B細胞受容体)との間の抗原抗体反応として成り立つ.これは二分法論理である.大脳皮質のマイクログリア細胞は,免疫細胞であるマクロファージとほぼ同じであるので,五官の記憶を記録する際に,抗原の記憶をインデクスとして埋め込む.こうして脳脊髄液中を自由に移動できるBリンパ球が,視聴覚器官からの刺激で活性化される脳幹網様体と,大脳皮質のマイクログリア細胞の間で,言葉の反射と意味のネットワークを形成する.
一方,文法は,日本語の文節やフランス語のランガージュ・アルティキュレにおいて顕著であるように,概念語と文法語が組み合わさった形で処理されている.これは免疫抗体がもつ抗原結合領域(Fab)から結晶化可能領域(Fc)にかけての信号伝達経路が作用していると考えられる.これは二元論論理である.動物はこれを記号の運動ベクトル処理や求愛活動などの連鎖反応に用いている.文法は,個々の概念語に対して,音表象性の高い音節スイッチが,論理ベクトルとして作用している.
反射や文法の二元論論理は,思考にも転用される.二つの概念や事象の比較にもとづく論理的判断(=, ≠,<, ∈,○,×,△),概念を文法的結合して段階的に複雑化して新たな概念をうみだすことなどに二元論は用いられる.
我々の知能とは,概念記憶とそれにもとづいて実施された思考結果の総体である.これは「経験に学び強化されることによって持続するとともに,絶え間ないネットワークの組み換えの中に保存される記憶を作り上げるが,それは子孫には伝達されない.」という特徴をもつ.人類が類的に発展させてきた知能を継承し,さらに発展させるには,どうすればよいのか. 
(英) The emergence of modern human and language seem to have taken place in Indian and Atlantic Oceans coast in Middle Stone Age in South Africa. About 77 KA (thousand years ago) click consonants were acquired as phonemes, to compose infinite number of sign words by phonemic permutation. About 66KA, laryngeal descent should have taken place and given birth to syllables with morae, enabled by vowel accents. Morae assured that all syllables should reach listeners, and that the grammars were born. They can be defined as “mainly mono-syllabic logical switches to indicate semantic connectivity and modulation.”
The biological basis of language seems to be spinal sign reflexes. The concept is a sign whose waveform to be presented as Antigen at brainstem reticular formation, and is operated by Antigen-Antibody responses with Antibodies presented by B-Cell Receptors of B Lymphocytes. This is logic of Dichotomy. Microglial cells in Neo-cortex are quite similar to Macrophages, and thus displaying Antigen as an index when memorizing sensory memories. In this context, B-Lymphocytes freely move inside CSF (Cerebrospinal Fluid) and constitute networks of linguistic reflexes and semantics among Reticular Formation at brainstem to be activated by audio-visual stimuli and Microglial cells in Neocortex.
Japanese Bunsetsu structure and French “langage articulé” indicate that grammars are processed in combination with concepts. It is possible that a signaling pathway from Fab (Fragment antigen binding) to Fc (Crystallizable Fragment) is employed dualistically to process a “Concept + Grammar” complex. While non-human animals use this dualistic processing for movement vector processing of signs and for individual steps in chained reactions. Grammars function as logical vectors, or highly sound symbolic (onomatopoietic) syllabic switches.
The same dualism seems to be employed into thoughts: the logical comparison or decisions such as (=, ≠,<, ∈,○,×,△) between two concepts and/or two events, as well as the creation of one-step more complex concept through grammatical composition of concepts.
Our intelligence is the harmonic accumulation of conceptual memories and the results of thoughts employing concepts. It learns “from experience and build up a memory that is sustained by reinforcement and that is deposited in persistent network modifications, which cannot be transmitted to our offspring.”
The author discusses on the method how to inherit human intelligence and develop it further.
キーワード (和) 言語 / オートマトン / 脊髄反射 / ネットワーク / 現生人類 / 脳室 / モバイルニューロン / 進化  
(英) Language / Automaton / Spinal Reflex / Networks / Modern Human / Ventricular System / Mobile Neurons / Evolution  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 488, COMP2013-60, pp. 1-8, 2014年3月.
資料番号 COMP2013-60 
発行日 2014-03-03 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2013-60

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2014-03-10 - 2014-03-10 
開催地(和) 明治大学 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2014-03-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動的にネットワークして成長する知能 
サブタイトル(和) デジタル言語にもとづく個体と人類の知能のネットワーク要求解析 
タイトル(英) The Automatically Networking and Developing Intelligence 
サブタイトル(英) The Network Requirements Analysis of Individual and Human Intelligence based on Digital Language 
キーワード(1)(和/英) 言語 / Language  
キーワード(2)(和/英) オートマトン / Automaton  
キーワード(3)(和/英) 脊髄反射 / Spinal Reflex  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク / Networks  
キーワード(5)(和/英) 現生人類 / Modern Human  
キーワード(6)(和/英) 脳室 / Ventricular System  
キーワード(7)(和/英) モバイルニューロン / Mobile Neurons  
キーワード(8)(和/英) 進化 / Evolution  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 公明 / Kimiaki Tokumaru / トクマル キミアキ
第1著者 所属(和/英) 衛星システムエンジニア (略称: システムエンジニア)
Satellite System Engineer (略称: System Engineer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-10 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2013-60 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.488 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-COMP-2014-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会