お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-08 16:20
臨床研究のための個人識別情報非可視型連結可能システム
平井徹也名工大)・福田洋治愛知教大)・廣友雅徳佐賀大)・毛利公美岐阜大)・中井敏晴国立長寿医療研究センター)・白石善明神戸大LOIS2013-79
抄録 (和) 臨床研究では,試料・情報は,データの追加や新しいタイプの試料・情報と関連付けるために,連結可能匿名化されて取り扱われる.連結可能匿名化では,個人識別情報と匿名化された試料・情報を結び付ける連結情報が残されるため,患者や被験者のプライバシーの観点では,連結情報が不用意に閲覧されることなく,適切に管理保護されることが求められる.本稿では,安全な情報システムを構築するためのセキュリティ構築方法論に基づいてシステム設計を行い,暗号化された連結情報を暗号文のまま参照できる個人識別情報非可視型連結可能システムを開発した.提案システムは,セキュリティ対策を施していないシステムと比べて連結情報が強固に保護されており,従来の人手を介したときに比べて匿名化された試料・情報を登録,検索する時間が短くできることを確認した. 
(英) In order to append and relate clinical information to new information, clinical information is de-identified in clinical research. In de-identification, re-linking information is generated to map de-identified clinical information to personal identification information. Re-linking information needs strict management to protect donors from suffering disadvantage. This paper proposes linkable system using encrypted personal identification information designed of security design methodology. Our system realizes referring encrypted re-linking information with it is encrypted. We confirmed that our system realizes mapping de-identified clinical information to personal identification information while protecting privacy throughout comparative experiment.
キーワード (和) 連結可能匿名化 / 脅威分析 / セキュリティ対策 / プライバシー保護 / / / /  
(英) De-identification / Threat analysis / Security measures / Privacy protection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 479, LOIS2013-79, pp. 149-154, 2014年3月.
資料番号 LOIS2013-79 
発行日 2014-02-28 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2013-79

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 石垣市健康福祉センター 
開催地(英)  
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2014-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 臨床研究のための個人識別情報非可視型連結可能システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Linkable System Using Encrypted Personal Identification Information for Clinical Research 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 連結可能匿名化 / De-identification  
キーワード(2)(和/英) 脅威分析 / Threat analysis  
キーワード(3)(和/英) セキュリティ対策 / Security measures  
キーワード(4)(和/英) プライバシー保護 / Privacy protection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 徹也 / Tetsuya Hirai / ヒライ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 洋治 / Youji Fukuta / フクタ ヨウジ
第2著者 所属(和/英) 愛知教育大学 (略称: 愛知教大)
Aichi University of Education (略称: Aichi Univ. of Edu.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣友 雅徳 / Masanori Hirotomo / ヒロトモ マサノリ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 毛利 公美 / Masami Mohri / モウリ マサミ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中井 敏晴 / Toshiharu Nakai / ナカイ トシハル
第5著者 所属(和/英) 独立行政法人国立長寿医療研究センター (略称: 国立長寿医療研究センター)
National Center for Geriatrics & Gerontology (略称: NCGG)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 善明 / Yoshiaki Shiraishi / シライシ ヨシアキ
第6著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-08 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2013-79 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.479 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会