お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-08 09:45
腕運動の経由点情報と左右の腕の相関性を用いた手話単語認識
猪狩晋平福村直博豊橋技科大WIT2013-80
抄録 (和) 我々は,右手動作で表される手話の運動データからヒト腕の運動規範であるジャーク最小モデルに基づいた経由点を抽出して照合の特徴点とする手話認識手法を提案してきた.本稿では,新たに両手の動作で表現される手話を認識対象に加え,従来の右手の照合結果に左手の照合結果を統合する際に,右手と対等な要素とするべきか,補助要素とするべきかを検証する.また,右手と左手の動作における移動距離の差や相関性を指標とすることで,手話を“右手のみ”,“左手が静止”,“両手動作”の三種類に分類する手法を提案した.複数話者から計測した80種類の単語認識実験の結果,98%以上という認識率を得ることを確認した. 
(英) We have studied Japanese sign Language (JSL) recognition using via-points based on the minimum jerk model. In our previous research, we treated only JSL represented by the movement of the right arm. In this report, in order to recognize JSL represented by the movements of both arms, we investigated an integration method of the matching result of the left arm and right arm. In addition, we classified JSL into three kinds based on a correlation coefficient and difference of the moving distance in the movements of both arms. As a result of recognition experiment, the recognition rate was 98% or more in 80 words from multiple speakers.
キーワード (和) 手話認識 / ジャーク最小モデル / 経由点 / 両腕の相関性 / / / /  
(英) Sign Language Recognition / Minimum Jerk Model / Via-Points / Correlation of Both Arms / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 481, WIT2013-80, pp. 75-80, 2014年3月.
資料番号 WIT2013-80 
発行日 2014-02-28 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2013-80

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 筑波技術大学 春日キャンパス 
開催地(英) Kasuga Campus, Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 福祉情報工学、一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2014-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 腕運動の経由点情報と左右の腕の相関性を用いた手話単語認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sign Language Word Recognition Using Via-point Information of Arm Movement and Correlation of the Left and Right Arm. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手話認識 / Sign Language Recognition  
キーワード(2)(和/英) ジャーク最小モデル / Minimum Jerk Model  
キーワード(3)(和/英) 経由点 / Via-Points  
キーワード(4)(和/英) 両腕の相関性 / Correlation of Both Arms  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪狩 晋平 / Shinpei Igari / イガリ シンペイ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福村 直博 / Naohiro Fukumura /
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-08 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2013-80 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.481 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会