お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 11:40
コードパターンを用いたソースコードナビゲーション
中山 健津田塾大)・○酒井恵光大谷大LOIS2013-58
抄録 (和) ソースコード内には様々な粒度でプログラマが把握する意味的なまとまりや関係が存在し,コードを理解するうえで有効である.これらをコードパターンと呼ぶ.コードパターンの検索が容易であれば,未知のソースコードを理解する際の助けとなる.しかし,従来の文字列検索はプログラムの構文に関する制約を利用せず,しかも基本的に連続する文字列しか探せないため有用でなかった.
そこで,ソースコード内で検索結果として得たい部分をプログラマが複数例示して,システムが類似する他の部分を検索する手法を検討した.ソースコードは抽象構文木として扱い,検索結果が意図に合致するかどうかをプログラマが追加提示することで,抽象構文木の部分に対する教師有りのインクリメンタルな判別を行う. 
(英) There are semantic chunks and relations (code patterns) of various granularities in source code. Since a code pattern is closely tied to a unit of understanding by a programmer, searching specific code pattern through unfamiliar source code would help understanding the code. Conventional string search tools, however, are not suitable for this purpose because, for instance, they do not assume the syntax of a programming language.
In this report, a tool for search-by-example through abstract syntax tree is presented. A programmer gives sets of desired and undesired nodes, then the system presents some candidate nodes resembling desired ones. The method is supervised incremental learning of decision trees.
キーワード (和) ソースコード検索 / 例示 / 抽象構文木 / / / / /  
(英) source code search / search by example / abstract syntax tree / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 479, LOIS2013-58, pp. 23-28, 2014年3月.
資料番号 LOIS2013-58 
発行日 2014-02-28 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2013-58

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 石垣市健康福祉センター 
開催地(英)  
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2014-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コードパターンを用いたソースコードナビゲーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Source code navigation using code patterns 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソースコード検索 / source code search  
キーワード(2)(和/英) 例示 / search by example  
キーワード(3)(和/英) 抽象構文木 / abstract syntax tree  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 健 / Ken Nakayama / ナカヤマ ケン
第1著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda College (略称: Tsuda College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 恵光 / Eko Sakai / サカイ エコウ
第2著者 所属(和/英) 大谷大学 (略称: 大谷大)
Otani University (略称: Otani Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2013-58 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.479 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会