電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 09:55
ノード間距離情報に基づいた逐次的3次元ノード位置推定手法の検討
鵜川翔平信田龍哉伊藤雄一橋本昌宜尾上孝雄阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は3次元形状の直感的モデリングにむけて,粘土内に大量の微小センサノードを埋め込んだリアルタイム形状認識システムの実現に取り組んでいる.本システムは,ノード間距離情報から各ノードの3次元相対位置を推定し,物体の形状を認識する.ノード間距離情報には測定誤差が含まれていることや推定するノード数が多いことが,各ノードの位置を推定することを困難にしている.本稿では,不確定性を考慮しながらノード位置を逐次的に推定する手法を,3次元形状認識システムに適用し,ノード位置推定の精度を評価する.容量結合を用いた距離推定手法の誤差モデルを想定し,多辺測量と最尤推定のいずれがノード位置推定に適しているか議論する. 
(英) We are studying a 3D modeling system using a sensor network that distributes many tiny sensor nodes in a flexible object like clay. This system estimates three dimensional relative positions of sensor nodes from node–to-node distance information and recognizes the object shape. This node localization is difficult since measured node-to-node distance information includes large measurement error and many nodes need to be localized. This paper applies a sequential localization method taking into account localization ambiguity to the 3D modeling system, and evaluates the localization accuracy. Supposing the distance error model of proximity distance estimation with capacitive coupling, we investigate which is more appropriate for node localization, multilateration or maximum likelihood estimation.
キーワード (和) 3次元位置推定 / 多辺測量 / 最尤推定 / センサネットワーク / / / /  
(英) 3D Localization / Multilateration / Maximum Likelihood Estimation / Sensor Network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 463, CAS2013-124, pp. 199-204, 2014年3月.
資料番号 CAS2013-124 
発行日 2014-02-27 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS CAS SIP  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 大阪市立大学 学術情報総合センター 
開催地(英) Osaka City University Media Center 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for Communication, Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2014-03-CS-CAS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノード間距離情報に基づいた逐次的3次元ノード位置推定手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluating a sequential 3D node localization method based on node-to-node distance information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元位置推定 / 3D Localization  
キーワード(2)(和/英) 多辺測量 / Multilateration  
キーワード(3)(和/英) 最尤推定 / Maximum Likelihood Estimation  
キーワード(4)(和/英) センサネットワーク / Sensor Network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜川 翔平 / Shohei Ukawa / ウカワ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 信田 龍哉 / Ryuya Shinada / シナダ リュウヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 雄一 / Yuichi Itoh / イトウ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 昌宜 / Masanori Hashimoto / ハシモト マサノリ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 孝雄 / Takao Onoye / オノエ タカオ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2013-124,IEICE-SIP2013-170,IEICE-CS2013-137 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.463(CAS), no.464(SIP), no.465(CS) 
ページ範囲 pp.199-204 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2014-02-27,IEICE-SIP-2014-02-27,IEICE-CS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会