お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 09:35
イメージワーピングによる画像強調の一検討
尾島修一崇城大IMQ2013-57 IE2013-166 MVE2013-95
抄録 (和) 画像の鮮鋭感を増す手法にエッジの幅を急峻化する手法がある.また,エッジをシャープにするだけでなく,黒領域や白領域を伸長することも画像強調には有効である.イメージワーピングはこのような課題に適した方法であり,画像の値に加算や減算するのではなく,画像の場所を移動することで画像の強調を行う方法である.我々は,イメージワーピングを用いてエッジを急峻化することで輪郭強調を行い,さらに絵柄に依存して局所的に黒領域伸長や白領域伸長を同時に行うことでコントラストの高い画像を作成する手法を提案する.標準画像に対して提案手法を適用しその効果を確認した. 
(英) We discuss a sharpening algorithm based on image warping. The enhancement of sharpness by image warping has the feature that there is no ringing effect and no enhancement of noise. The normal warping algorithm only discuss the shortening edge. In this paper, the shortening edge is additionally shifted depending on a criterion of local contrast of image . As a result, we can observe the enhancement of the visual appearance by black stretching or black shrinking with edge sharpening.
キーワード (和) 鮮鋭化 / イメージワーピング / コントラスト / / / / /  
(英) Sharpening / Image Warping / Contrast / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 469, IE2013-166, pp. 159-164, 2014年3月.
資料番号 IE2013-166 
発行日 2014-02-27 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2013-57 IE2013-166 MVE2013-95

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ CEA  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンタ 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,クラウド,モバイル,ネットワーク,およびこれらの品質と信頼性,一般 
テーマ(英) Five senses media, Food media, Social media, Multimedia, Virtual Environment, Image encoding, Cloud, Mobile, Network, and their quality and reliability,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2014-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イメージワーピングによる画像強調の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Image Enhancement by Image Warping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 鮮鋭化 / Sharpening  
キーワード(2)(和/英) イメージワーピング / Image Warping  
キーワード(3)(和/英) コントラスト / Contrast  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾島 修一 / Shuichi Ojima / オジマ シュウイチ
第1著者 所属(和/英) 崇城大学 (略称: 崇城大)
Sojo University (略称: Sojo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 09:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IMQ2013-57,IEICE-IE2013-166,IEICE-MVE2013-95 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.468(IMQ), no.469(IE), no.470(MVE) 
ページ範囲 pp.159-164 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2014-02-27,IEICE-IE-2014-02-27,IEICE-MVE-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会