お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 09:30
ネットワークとサーバの負荷を軽減する複数Breadcrumbs方式
渡邊翔太見越大樹竹中豊文日大NS2013-227
抄録 (和) 大容量コンテンツ配信が原因となるサーバ負荷増大問題の解決策として,ルータやその他のノードにコン
テンツキャッシュをもたせる手法が検討されている.その中で,誘導情報をコンテンツのダウンロードパスに配置し,
コンテンツキャッシュを活用するBreadcrumbs 方式が提案されている.また,一つのノードが複数の誘導情報を持ち,
確率に応じて複数の誘導先へクエリを複製して誘導を行うことにより,サーバ負荷の更なる軽減をはかる複数BC(複
数Breadcrumbs) 方式が提案されている.しかし,複数BC 方式は,複数のコンテンツキャッシュにクエリ誘導するた
め,クエリを複製すればするほどネットワークへの負荷が増大する問題がある.本稿では,複数BC 方式を基に,要
求クエリを複製せずに,複数のコンテンツキャッシュにクエリを誘導させることにより,ネットワーク負荷を抑えな
がら同時にサーバ負荷を抑える方式を提案する. 
(英) In order to cope with load increasing problems at content servers caused by large -volume content deliv-
ery, methods of using content caches at nodes and routers have been studied in the related works on Breadcrumbs.
In the Breadcrumbs method, content guidance data and content caches are placed on download paths and used
when contents are requested. Multiple Breadcrumbs method has been proposed for reducing the content server
more than Breadcrumbs method. In this method, nodes can have multiple guidance data for the same content and
can use them probabilistically when contents are requested. However, this method tends to increase the network
load since the content server and cache nodes are queried at the same time according to multiple guidance data.
This paper proposes a modi ed multiple Breadcrumbs method, where only a promising among content guidance
data is used. Our method can reduce the network load as well as reducing the content server load.
キーワード (和) Breadrumbs / 複数Breadcrumbs / コンテンツサーバ負荷 / ネットワーク負荷 / / / /  
(英) Breadrumbs / multiple Breadcrumbs / content server load / network load / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-227, pp. 295-300, 2014年3月.
資料番号 NS2013-227 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-227

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークとサーバの負荷を軽減する複数Breadcrumbs方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiple Breadcrumbs for Reducing Network and Server Loads 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Breadrumbs / Breadrumbs  
キーワード(2)(和/英) 複数Breadcrumbs / multiple Breadcrumbs  
キーワード(3)(和/英) コンテンツサーバ負荷 / content server load  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク負荷 / network load  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 翔太 / Shota Watanabe / ワタナベ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 見越 大樹 / Taiju Mikoshi / ミコシ タイジュ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka / タケナカ トヨフミ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-227 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.295-300 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会