お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 09:10
IEEE 802.16jリレーネットワークのための発見的手法に基づくタイムスロット割当アルゴリズムの比較評価
高木祥一長谷川 剛谷口義明中野博隆松岡茂登阪大NS2013-217
抄録 (和) 時分割方式による無線通信が行われるIEEE 802.16j リレーネットワークでは,使用するタイムスロット数を減らすことがネットワーク性能の向上につながる.この時,リンク間の干渉,リンクのトラヒック負荷などを考慮して,リンクが用いるタイムスロットを決定することが求められる.本報告では,IEEE 802.16j リレーネットワークにおける発見的手法によるタイムスロット割当アルゴリズムを提案する.提案アルゴリズムは2種類あり,一つはリンクごとに割り当てるタイムスロットを貪欲法に基づいて決定する.もう一方は,タイムスロットごとに,それを使用するリンクを決定する.評価の結果,どのリンクも同じタイムスロットを使用しない場合に比べ,提案アルゴリズムは34%と39%のタイムスロット数削減が可能であることを示す. 
(英) In IEEE 802.16j relay networks, the network performance is improved by decreasing the total number of different time slots assigned to all links in the network. In the time slot assignment, we should consider the effect of various factors such as interference strength, the traffic load on the links, and the degree of spatial reuse of the wireless network resource. In this report, we propose heuristic algorithms for time slot assignment problem in IEEE 802.16j relay networks.One algorithm assigns a set of time slots to links by a greedy approach. The other algorithm determines a set of links that use a time slot by a brute-force search. Performance evaluation results exhibit that the proposed algorithms reduces around 34% and 39% of the total time slots compared with the case where no link utilizes the same time slot, respectively.
キーワード (和) IEEE802.16j / 電波干渉 / 時分割方式 / タイムスロット割当 / 発見的手法 / / /  
(英) IEEE802.16j / Radio interference / TDMA / Time slot assignment / Heuristic algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-217, pp. 237-242, 2014年3月.
資料番号 NS2013-217 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-217

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) IEEE 802.16jリレーネットワークのための発見的手法に基づくタイムスロット割当アルゴリズムの比較評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparative evaluation of heuristic algorithms of time slot assignment for IEEE 802.16j relay networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE802.16j / IEEE802.16j  
キーワード(2)(和/英) 電波干渉 / Radio interference  
キーワード(3)(和/英) 時分割方式 / TDMA  
キーワード(4)(和/英) タイムスロット割当 / Time slot assignment  
キーワード(5)(和/英) 発見的手法 / Heuristic algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 祥一 / Shoichi Takagi / タカギ ショウイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 義明 / Yoshiaki Taniguchi / タニグチ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 博隆 / Hirotaka Nakano / ナカノ ヒロタカ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 茂登 / Morito Matsuoka / マツオカ モリト
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-217 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.237-242 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会