お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 08:50
重回帰分析を用いたIEEE 802.16jリレーネットワークのスループット解析
肥後恒平長谷川 剛谷口義明中野博隆松岡茂登阪大NS2013-216
抄録 (和) IEEE 802.16j リレーネットワークにおけるリレーノード間リンクの通信品質は,同時に通信を行うリレーノードからの電波干渉に影響される.そのため、ネットワーク性能はリンクへのタイムスロット割り当てに強く依存する.また,リレーネットワーク性能は,雑音強度,減衰係数,ノード密度,送信電力などの要因にも影響される.本報告では,重回帰分析に基づくIEEE 802.16j リレーネットワークのスループット解析を行う.具体的には、まず,リレーネットワークのスループットに影響を与えるパラメータを検討し,それらのパラメータを様々な値に設定したシミュレーションによってリレーネットワークのスループットを評価する.最後に,パラメータがスループットへ与える影響を重回帰分析結果に基づいて議論する.分析結果より,雑音強度,減衰係数,及び送信電力がリレーネットワークのスループットへの影響が大きいことを示す. 
(英) The performance of IEEE 802.16j relay networks is influenced by various factors such as time slot assignment for the wireless network links, background noise level, pass loss exponent, density of relay nodes, and transmission signal strength. In this report, we present the results of the throughput analysis of IEEE 802.16j relay networks. We first summarize the parameters that affect the relay network throughput and conduct simulation experiments with various sets of those parameter values. Finally, we investigate the effect of parameters on the throughput by multiple regression analysis. Analysis results show that background noise level, path loss exponent, and transmission signal strength greatly affect the relay network throughput.
キーワード (和) IEEE 802.16j / タイムスロット割り当て / 信号対干渉比 / 適応変調符号化 / 重回帰分析 / / /  
(英) IEEE 802.16j / Time slot assignment / Signal to Interference and Noise Ratio (SINR) / Adaptive Modulation and Coding (AMC) / Multiple regression analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-216, pp. 231-236, 2014年3月.
資料番号 NS2013-216 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-216

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 重回帰分析を用いたIEEE 802.16jリレーネットワークのスループット解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance study of IEEE 802.16j relay networks by multiple regression analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.16j / IEEE 802.16j  
キーワード(2)(和/英) タイムスロット割り当て / Time slot assignment  
キーワード(3)(和/英) 信号対干渉比 / Signal to Interference and Noise Ratio (SINR)  
キーワード(4)(和/英) 適応変調符号化 / Adaptive Modulation and Coding (AMC)  
キーワード(5)(和/英) 重回帰分析 / Multiple regression analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 肥後 恒平 / Kohei Higo / ヒゴ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 義明 / Yoshiaki Taniguchi / タニグチ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 博隆 / Hirotaka Nakano / ナカノ ヒロタカ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 茂登 / Morito Matsuoka / マツオカ モリト
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 08:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-216 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.231-236 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会