お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 10:30
高齢者向け見守りサービスの分類に関する考察
徳永清輝佐伯幸郎柗本真佑中村匡秀神戸大IMQ2013-59 IE2013-168 MVE2013-97
抄録 (和) 近年,高齢化社会に伴い,多種多様な高齢者向け見守りサービスが政府・企業によって提供されている.
我々の研究グループでは,消費者それぞれに合ったテーラーメイドな見守りサービスを実現することを目標に研究を行っている.
上記目標を実現するため,先行研究では,多様な見守りサービスを体系的に分析するためのモデリング手法を提案した.
しかしながら,先行研究で提案したモデリング手法はあくまで見守りサービスの特徴を分析するための手段であり,多様な見守りサービスを分類するといったことはできない.
本稿では,見守りサービスの目的やユーザの要求をいくつかの観点に基づいて分類する手法を提案する.
分類手法を利用することで,見守りサービスを目的別に分類すること,さらにユーザの要求の整理などが可能となる.
アプローチとして,見守りサービスを何のために利用するのかという観点(For What)と,見守りサービスの利用動機の観点(Why)を利用して分類する.
また,提案手法を用いて見守りサービスを分類し,考察を行う. 
(英) The remote monitoring service for elderly people is a service that allows a family to monitor an elderly living in remote.
Since many countries are faced with an aging society, the remote monitoring service is promising to increase a quality of life of consumers (i.e., elderlies and families).
In our research, we have a long goal to develop a personalized service which provides value add service for consumers. To accomplish the goal, we need a method which classifies a wide variety of remote monitoring service at some perspectives.
Because, if we could classify remote monitoring service at some methods, then we would provide consumers a comfortable service based on the classification method.
In this paper, we propose a classification method of remote monitoring service at some perspectives.
Specifically, the proposed method provide us to classify at two viewpoints of "for what" and "why".
Also, we classify some remote monitoring service with the proposed method.
In addition to this, we design an application (called MimaS Finder) based on the classification which enables consumers to select a remote monitoring service.
キーワード (和) 高齢化社会 / 高齢者向け見守りサービス / 分類手法 / / / / /  
(英) aging society / remote monitoring service / classification method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 470, MVE2013-97, pp. 169-174, 2014年3月.
資料番号 MVE2013-97 
発行日 2014-02-27 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2013-59 IE2013-168 MVE2013-97

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ CEA  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンタ 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,クラウド,モバイル,ネットワーク,およびこれらの品質と信頼性,一般 
テーマ(英) Five senses media, Food media, Social media, Multimedia, Virtual Environment, Image encoding, Cloud, Mobile, Network, and their quality and reliability,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2014-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高齢者向け見守りサービスの分類に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Classification Method of Remote Monitoring Service for Elderly Person 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高齢化社会 / aging society  
キーワード(2)(和/英) 高齢者向け見守りサービス / remote monitoring service  
キーワード(3)(和/英) 分類手法 / classification method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 清輝 / Seiki Tokunaga / トクナガ セイキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐伯 幸郎 / Sachio Saiki / サイキ サチオ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柗本 真佑 / Shinsuke Matsumoto / マツモト シンスケ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2013-59,IEICE-IE2013-168,IEICE-MVE2013-97 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.468(IMQ), no.469(IE), no.470(MVE) 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2014-02-27,IEICE-IE-2014-02-27,IEICE-MVE-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会