電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 14:40
無線AP上の先読みコンテンツキャッシュ可視化によるユーザアクセス誘導の研究
辰巳研二中尾彰宏東大CQ2013-102
抄録 (和) 動画共有サービスでは非常に多くの動画が存在しているため,コンテンツ提供者はユーザに対して特に見せたい動画があったとしても,見せることができない場合がある.そこで,コンテンツ提供者はネットワーク事業者に見せたい動画を最も動画の読み込みを高速化できるアクセスポイントにキャッシュすることで,ユーザエクスペリエンスで通常の動画より優位性を得ることができる.
しかし現状では動画のキャッシュは透過的に使われているため,ユーザはキャッシュの有無を知るすべはない.本研究では従来透過的に使われていた動画のキャッシュを可視化することで,ユーザのアクセスをキャッシュした動画へ誘導が可能であるかを評価する.
キャッシュ動画を含む動画の組み合わせから,被験者のアクセス傾向を調べる実験を2種類行ったところ,可視化されたキャッシュ動画は透過的に使われているキャッシュ動画や通常の動画より多くのアクセスを集めるという結果が得られた.このことから,可視化されたキャッシュ動画はユーザのアクセスを誘導する効果があることを示す. 
(英) Content providers cannot often get users to show videos they want to show because there are enormous videos in video sharing service. Therefore, content providers obtains superiority in user experience by asking network company to cache videos they want to show in access point that can improve reading speed of videos most. However, users cannot know whether caches exist or not for transparent use of cached videos. In this study, we evaluate to lead user access to cached videos by visualizing cached videos that have been used transparently until now. We also have done 2 experiments to investigate user access tendency from combination of videos including cached videos. We have obtained the result that visualized cached videos collect more accesses than transparent cached videos or normal videos. Thus, we conclude that visualized cached videos are effective in leading user access.
キーワード (和) アクセスポイント / キャッシュ / 可視化 / / / / /  
(英) AccessPoint / Cache / Visualization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 471, CQ2013-102, pp. 77-82, 2014年3月.
資料番号 CQ2013-102 
発行日 2014-02-27 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2013-102

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ CEA  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンタ 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,クラウド,モバイル,ネットワーク,およびこれらの品質と信頼性,一般 
テーマ(英) Five senses media, Food media, Social media, Multimedia, Virtual Environment, Image encoding, Cloud, Mobile, Network, and their quality and reliability,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2014-03-CQ-MVE-IE-IMQ-CEA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線AP上の先読みコンテンツキャッシュ可視化によるユーザアクセス誘導の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research of leading user access by look-ahead content cache visualization on wireless AP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクセスポイント / AccessPoint  
キーワード(2)(和/英) キャッシュ / Cache  
キーワード(3)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辰巳 研二 / Kenji Tatsumi / タツミ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2013-102 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会