電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 13:20
分散型WAN高速化技術の異種通信網混在環境への適用と評価
高野陽介小口直樹武藤亮一朝永 博富士通研)・阿部俊二NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,クラウドの国際間通信における大容量データ通信や,インタラクティブアプリケーションの通信速度を向上させる技術として,WAN高速化技術が注目されている.WAN高速化技術は,WAN高速化インスタンスを往復遅延時間やパケットロスの大きな回線の両端に置き,アプリケーション間のTCPセッションを高速通信プロトコルに切り替えることで,高速化を実現している.WAN高速化技術にて使用される高速通信プロトコルは様々な特性があり,それぞれアプリケーションや通信網の特性によって高速化の効果が異なってくる.ここで,モバイル端末から遠隔のクラウドへのアクセスなど,モバイル網,広域網など異なる特性の様々な通信網を通る環境で両端のみにWAN高速化インスタンスを置く場合,異なる特性の通信網でひとつの高速転送プロトコルを使用することになるため,高速化の効果が限定的となる課題がある.そこで本稿では,高速化の効果を向上させるため,WAN高速化インスタンスを通信経路に複数配備し,各通信網の特性とアプリケーション特性から,使用するプロトコルや高速化を行う範囲を動的に切り替える分散型WAN高速化技術の提案を行うとともに,提案方式の効果を評価検証にて評価した. 
(英) In recent years, WAN optimization is hot technique to improve transmission speed in file transfer application and interactive application of international cloud service. WAN optimization is able to improve transmission speed using high performance protocols instead of TCP between WAN optimization instances at both ends of network with a long round trip time and high packet loss rate. High performance protocols have variety characteristics, and their effectiveness of improving communication is different each other by characteristics of network and applications. When WAN optimization instances are set only at both ends of Heterogeneous Network containing mobile network, global network and so on for example an access from a mobile PC to a far cloud data center, the effectiveness of improving communication become small because of using only one high performance protocols. So, we propose Distributed WAN Optimization that determines protocols and arranges section of adapting the protocol dynamically among the plural WAN optimization instances set on a route, and evaluate the effectiveness of improving transmission speed.
キーワード (和) 高速通信プロトコル / WAN高速化 / / / / / /  
(英) High performance protocol / WAN optimization / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-253, pp. 445-450, 2014年3月.
資料番号 NS2013-253 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散型WAN高速化技術の異種通信網混在環境への適用と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distributed WAN Optimization for Heterogeneous Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高速通信プロトコル / High performance protocol  
キーワード(2)(和/英) WAN高速化 / WAN optimization  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 陽介 / Yosuke Takano / タカノ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 直樹 / Naoki Oguchi / オグチ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藤 亮一 / Ryoichi Mutoh / ムトウ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝永 博 / Hiroshi Tomonaga / トモナガ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 俊二 / Shunji Abe / アベ シュンジ
第5著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-253 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.445-450 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会