お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 14:45
定在波同軸管法を用いたプリント基板のPIM測定におけるPIM周波数の整合状態の影響評価
花嶋宏直久我宣裕横浜国大EMD2013-155 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2013-155
抄録 (和) プリント基板の非接触PIM特性評価手法として,複数の容量結合型帯状導体と同軸管を用いた手法が提案されている.
この手法は,損失性ストリップ共振器とPIMテスタを非接触整合させることで高感度なPIM測定を実現しようとするものであるが,一方で共振器のQが高くならざるを得ないため,実測定において被測定試料の特性ばらつきを吸収しづらく,試料製作に要する手間が大きいという問題もあった.
これに対し本稿では,被測定試料の特性ばらつきを試験周波数の調整で吸収する方法を提案し,その効果を検証している. 
(英) To make non-contact PIM-characteristics evaluation of a printed circuitboard, a technique using plural capacitive-coupled strip conductors anda coaxial tube has been proposed.
It achieved high sensitivity in PIM measurement by impedance-matching the lossy strip resonators on the PCB with the PIM tester; however, it was hard and time-consuming to cancel the characteristic unevenness of the measured sample in practical measurements because of the high Q-factor of the resonator.
In this report, in the contrast, a method to cancel the characteristic unevenness of the measured sample by tuning the examination frequency is proposed, and its effectiveness is evaluated.
キーワード (和) 受動回路における相互変調ひずみ / マイクロ波測定 / 非線形現象 / プリント基板 / 定在波同軸管法 / / /  
(英) Passive intermodulation / Microwave measurements / Nonlinearity phenomena / Printed circuitboard / Standing wave coaxial tube method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 477, EMD2013-155, pp. 25-28, 2014年3月.
資料番号 EMD2013-155 
発行日 2014-02-28 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2013-155 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2013-155

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-07 
開催地(和) 横浜国立大学 
開催地(英) Yokohama Nat'l Univ. 
テーマ(和) ショートノート (卒論・修論特集) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2014-03-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 定在波同軸管法を用いたプリント基板のPIM測定におけるPIM周波数の整合状態の影響評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect evaluation of matching condition at a PIM frequency in PCB-PIM mesurements using the standing wave coaxial tube method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 受動回路における相互変調ひずみ / Passive intermodulation  
キーワード(2)(和/英) マイクロ波測定 / Microwave measurements  
キーワード(3)(和/英) 非線形現象 / Nonlinearity phenomena  
キーワード(4)(和/英) プリント基板 / Printed circuitboard  
キーワード(5)(和/英) 定在波同軸管法 / Standing wave coaxial tube method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 花嶋 宏直 / Hironao Hanajima / ハナジマ ヒロナオ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Nat'l Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久我 宣裕 / Nobuhiro Kuga / クガ ノブヒロ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Nat'l Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 14:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2013-155 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会