お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 15:10
人行動認識に有効な特徴点検出とクラスタリングに関する研究
相原和明青木輝勝東北大IBISML2013-80
抄録 (和) 本紙では、人行動認識に適した新しい特徴点検出手法であるMotion dense sampling(MDS)と、人行動認識におけるVisual Word生成に適した新しいクラスタリング手法であるComponent Clusteringを紹介する。
MDSが一般的に用いられている特徴点検出手法よりも優れている点として、動作領域のみから特徴点を検出できること、動作領域の大きさによらず、一定数のグリッド状特徴点を検出できること、そして、スケール不変性を持った特徴量を記述できるという点が挙げられる。
また、Component Clusteringは、一般的に用いられるクラスタリング手法とは異なり、人行動認識に用いるVisual wordとして最適な粒度でのクラスタリングを行うことができる。
これらを用いることで、従来手法よりも認識に有効な特徴点を検出し、より分解能の高いCodebookを生成することが可能となる。
我々は、YouTubeデータセットを用いて提案手法の性能評価を行った。提案手法はたった一つの特徴量記述子で最新手法を上回る87.5%を達成した。 
(英) In this paper, we propose the Motion dense sampling, which detects very informative interest points from video frames.
And we also propose the Component clustering, which generate very informative Codebook for action recognition.
Experimental results show a significant improvement over existing methods on YouTube dataset. Our method achieves 87.5% accuracy for video classification by using only one descriptor.
キーワード (和) 人行動認識 / Bag-of-features / YouTubeデータセット / / / / /  
(英) Action recognition / Bag-of-features / YouTube dataset / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 476, IBISML2013-80, pp. 95-102, 2014年3月.
資料番号 IBISML2013-80 
発行日 2014-02-27 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IBISML2013-80

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 奈良女子大学 
開催地(英) Nara Women's University 
テーマ(和) 統計数理・機械学習・データマイニング・一般 
テーマ(英) Statistical mathmatics, machine learning, data mining, and other topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-03-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人行動認識に有効な特徴点検出とクラスタリングに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effective interest point detection and clustering method for action recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人行動認識 / Action recognition  
キーワード(2)(和/英) Bag-of-features / Bag-of-features  
キーワード(3)(和/英) YouTubeデータセット / YouTube dataset  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 和明 / Kazuaki Aihara / アイハラ カズアキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 輝勝 / Terumasa Aoki /
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2013-80 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.476 
ページ範囲 pp.95-102 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会