お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 09:50
アドホックネットワークにおける通信量を考慮した消費電力公平化経路制御
市川潤紀阪田史郎小室信喜千葉大IN2013-171
抄録 (和) モバイルアドホックネットワーク(MANET)は,無線ネットワーク上で移動端末同士が自律分散的に通信を行うものである.MANETで用いられる通信端末は搭載されるバッテリの容量が限られる.また,一般にデータ通信には,ユーザ自身がリクエストした自データ通信と,他のユーザの中継である他データ通信の種別がある.端末のユーザ視点では,自データ通信量に比べて他データ通信量が多すぎないように,また,通信によるバッテリ消費を公平にする制御方式が必要であるが,そのような研究は少ない.
本研究では,端末の他データ通信量を自データ通信量で割った値「データ通信量比」に基づいて経路選択を行う公平化ルーティング制御と,マルチチャネル環境において通信を周波数領域上で切り分けるマルチチャネルMAC制御によって,データ通信量比,および自データ通信量あたりのバッテリ消費量の2つの公平化を目指す.シミュレーション評価により,標準化されたルーティングプロトコルであるAODV(Ad hoc On-demand Distance Vector),負荷分散方式として代表的なLBAODV(Load Balancing AODV),提案方式を比較し,提案方式の有効性を示す. 
(英) In mobile ad hoc networks (MANET), each mobile terminal, equipped with a battery with limited capacity, communicates in a distributed and autonomous manner. Each user transmits/receives two types of data, "own-data" and "other-data". From the user’s viewpoint, the fair data transmission and the fair battery power consumption are required.
This paper proposes a novel method which improves the fairness in terms of the "other-data to own-data ratio" and "battery power consumption per own-data" in MANET. The proposed method decides the route based on "other-data to own-data ratio" for achieving fairness. In addition, the proposed method uses dynamic channel assignment for saving battery consumption induced by overhearing. The proposed method is evaluated by simulation, comparing with AODV(Ad hoc On-demand Distance Vector) and LBAODV(Load Balancing AODV). Simulation results show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) モバイルアドホックネットワーク / ルーティング / バッテリ / 公平化 / マルチチャネル / / /  
(英) mobile ad hoc network / routing / battery / fairness / multi-channel / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 473, IN2013-171, pp. 163-168, 2014年3月.
資料番号 IN2013-171 
発行日 2014-02-27 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2013-171

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける通信量を考慮した消費電力公平化経路制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fair Energy Consumption-Based Routing Control Considering Data Traffic for Mobile Ad hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルアドホックネットワーク / mobile ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) ルーティング / routing  
キーワード(3)(和/英) バッテリ / battery  
キーワード(4)(和/英) 公平化 / fairness  
キーワード(5)(和/英) マルチチャネル / multi-channel  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 潤紀 / Junki Ichikawa / イチカワ ジュンキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 信喜 / Nobuyoshi Komuro / コムロ ノブヨシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-171 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.473 
ページ範囲 pp.163-168 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会