お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 11:00
HAIの概念にもとづく認知症予防システムの基本的特性評価
北越大輔花田 涼鈴木雅人東京高専WIT2013-69
抄録 (和) 本稿では,タブレット端末上のエージェントを介した記憶力ゲームにもとづく認知症予防システムの基本的特性に関する調査結果について報告する.提案システムでは,利用者(高齢者)がエージェントとのやりとりを楽しみながら,長期間飽きることなく認知症予防に取り組み可能となる枠組みの構築を目指していることから,システムの認知症予防効果だけではなく,ゲームやエージェントが面白く親しみやすいか,タブレット端末が利用者に負担を与えることなく長期利用可能であるか,といった観点も重要な検討項目となる.
近隣の老人クラブ所属の高齢者を対象とした主観評価実験,および,所属機関学生を対象とした調査の結果をもとに,上記について評価する. 
(英) This paper describes basic characteristics of a system for preventing dementia based on a memory game with software agent.The system we proposed aims to provide a framework where the elderly can engage in dementia-prevention over a long period without getting boring while enjoying a variety of communication with a software agent on tablet device.
Subjective evaluations by people belonging to a local club for the elderly are conducted to evaluate usability and familiarity of the proposed system, and besides, preliminary experiments for students are carried out to discuss longterm availability of the system without imposing physical strain on the users.
キーワード (和) 介護予防 / 認知症予防 / ヒューマンエージェントインタラクション / / / / /  
(英) Preventive Care / Dementia Prevention / Human-Agent Interaction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 481, WIT2013-69, pp. 13-18, 2014年3月.
資料番号 WIT2013-69 
発行日 2014-02-28 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2013-69

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 筑波技術大学 春日キャンパス 
開催地(英) Kasuga Campus, Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 福祉情報工学、一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2014-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HAIの概念にもとづく認知症予防システムの基本的特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A System for Preventing Dementia Based on the Concept of Human-Agent Interaction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 介護予防 / Preventive Care  
キーワード(2)(和/英) 認知症予防 / Dementia Prevention  
キーワード(3)(和/英) ヒューマンエージェントインタラクション / Human-Agent Interaction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北越 大輔 / Daisuke Kitakoshi / キタコシ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
Tokyo National College of Technology (略称: TNCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 花田 涼 / Ryo Hanada / ハナダ リョウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
Tokyo National College of Technology (略称: TNCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 雅人 / Masato Suzuki / スズキ マサト
第3著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
Tokyo National College of Technology (略称: TNCT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2013-69 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.481 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会