お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 13:00
無線LANのスループットの改善を目的とした端末のグループ化とハイブリッドアクセス制御
道下賢吾若原 恭東大NS2013-272
抄録 (和) 無線LANにおけるメディアアクセス制御方式のDCFでは,アクセスポイント(AP)の電波到達範囲内でアクティブノードが増えるほどスループットが低下してしまう.また,隠れ端末問題を解決するために端末―AP間でRTS/CTS信号を用いると,スループット効率が更に悪くなる.一方,もう1つのアクセス制御方式であるPCFでは,アクティブノード数が多い場合には高いスループットを出せるものの,アクティブノード数が減少するほどスループットが低下してしまう.そこで本稿では,隠れ端末ではない端末同士でグループを作り,グループ内ではDCFによるアクセス制御を行い,グループ間ではPCFによるアクセス制御を行うハイブリッドアクセス制御を提案する.さらに,シミュレーションによってスループットの測定を行い,その有効性を評価している. 
(英) In DCF of the media access control for wireless LANs, its throughput decreases in accordance with the increase in the number of active nodes in the radio range of an access point (AP). In addition, the use of RTS/CTS signals between a wireless terminal and the AP to solve the hidden terminal problem leads to even lower throughput. On the other hand, PCF access control can achieve a high throughput if the number of active nodes is large. However, as active nodes decrease, the throughput also decreases. Therefore, in this paper, we propose a new hybrid access control in which terminals are grouped in such a manner that there are no hidden terminals in each group, DCF access control is used within each group and PCF access control is used among the groups. We demonstrate the throughput of the proposed method by computer simulation and show clearly its advantages.
キーワード (和) 無線LAN / メディアアクセス制御 / DCF / PCF / ハイブリッドアクセス制御 / 隠れ端末問題 / /  
(英) Wireless LANs / Media Access Control / DCF / PCF / Hybrid Access Control / Hidden Terminal Problem / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-272, pp. 555-560, 2014年3月.
資料番号 NS2013-272 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-272

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANのスループットの改善を目的とした端末のグループ化とハイブリッドアクセス制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hybrid Access Control with Grouping of Terminals for Improving Throughput of Wireless LANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LANs  
キーワード(2)(和/英) メディアアクセス制御 / Media Access Control  
キーワード(3)(和/英) DCF / DCF  
キーワード(4)(和/英) PCF / PCF  
キーワード(5)(和/英) ハイブリッドアクセス制御 / Hybrid Access Control  
キーワード(6)(和/英) 隠れ端末問題 / Hidden Terminal Problem  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 道下 賢吾 / Kengo Michishita / ミチシタ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若原 恭 / Yasushi Wakahara / ワカハラ ヤスシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-272 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.555-560 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会