お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 09:10
階層型モデルにおけるBreadcrumbs普及方策の評価
中嶋秀幸神藤慎二山本 幹関西大NS2013-226
抄録 (和) 近年のコンテンツ流通トラヒックの増大に対応する手法として,ネットワーク内のルータにキャッシュを配備する,キャッシュネットワークがある.キャッシュネットワークにおいて,ユーザからサーバに至る経路上のキャッシュ以外のキャッシュコンテンツを有効に活用する手法として,キャッシュへの誘導情報を用いるBreadcrumbs方式が提案されている.Breadcrumbs方式の普及にはルータのリプレースが必要であり,その普及過程においては一部のルータにのみ本方式が普及する部分普及状況が発生する.本稿では,階層モデルを用いた評価により,Breadcrumbsの普及過程において誘導効果をもたらす要因を分析し,その分析に基づく戦略的普及方針として,上位優先普及と下位優先普及の二つの方策を提案する.詳細な性能評価により,上位優先普及がトラヒック集約効果によるコンテンツ要求誘導数の増加,さらに下位Trailの効率的運用をもたらす点で,優れた戦略的普及方策であることを明らかにする. 
(英) Cache network is one of the promising approaches for effective content distribution. In-network guiding technique, Breadcrumbs, where content requests are re-directed towards content download direction has been proposed. In Breadcrumbs, content requests are initially forwarded by a location ID and this property enables the Breadcrumbs systems to be deployed gradually. In this paper, we evaluate the performance of partially deployed Breadcrumbs by using 3-Tier topology model. We also propose two deployment strategies, upper-layer-first strategy and lower-layer-first strategy. Our careful evaluation for these two strategies shows that upper-layer-first strategy gives significant improvement of Breadcrumbs performance even with small deployment.
キーワード (和) コンテンツオリエンテッドネットワーク / Breadcrumbs / コンテンツキャッシュ / 階層モデル / / / /  
(英) Content Oriented Network / Breadcrumbs / Content Cache / Tier model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-226, pp. 289-294, 2014年3月.
資料番号 NS2013-226 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-226

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 階層型モデルにおけるBreadcrumbs普及方策の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Breadcrumbs Deployment Strategies in Tier model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツオリエンテッドネットワーク / Content Oriented Network  
キーワード(2)(和/英) Breadcrumbs / Breadcrumbs  
キーワード(3)(和/英) コンテンツキャッシュ / Content Cache  
キーワード(4)(和/英) 階層モデル / Tier model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中嶋 秀幸 / Hideyuki Nakajima / ナカジマ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神藤 慎二 / Shinji Jindo / ジンドウ シンジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 幹 / Miki Yamamoto / ヤマモト ミキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-226 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.289-294 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会