お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-06 09:10
移動シンクによるPARCを用いた無線センサネットワークの長寿命化
渡辺拓実見越大樹竹中豊文日大NS2013-185
抄録 (和) バッテリ駆動型端末により構築されるセンサネットワークでは,ネットワークの長寿命化を図るため,端末の消費電力を抑える必要がある.
センサデータのマルチホップ通信の効率を図る手法として,クラスタリングを用いた手法が提案されている.
しかし,この手法においても,シンクの近傍のホットスポット問題により,シンクの近傍のノードからバッテリが早期に枯渇し,データを収集できなくなる問題が発生する.
この問題に対処するため,本稿では,我々が提案したPARCによるクラスタリング方式に対して,移動シンク方式を導入する.
本稿では,データを収集する地点を数箇所設置し,各地点での収集回数を最適化することにより,収集地点の近傍のノードの負荷を均一にする手法を提案し,シミュレーションにより提案方式の有効性を示す. 
(英) In wireless sensor networks constructed by battery-powered terminals, in order to prolong the lifetime of networks, it is necessary to save the power consumption of terminals.
Clustering schemes have been proposed to improve the efficiency of multi-hop communication in wireless sensor networks.
However, even if using these methods, the hot spot problem occurs at terminals in the vicinity of the sink, which causes the batter depletion problem and the sink cannot collect sensor data.
In order to cope with this problem, we introduce a mobile sink method for the PARC-based clustering method which has been proposed in our work.
In this paper, the mobile sink periodically moves around plural data collecting places a prior determined. We optimize data collection frequency at each data collection point in order to balance the load of terminals. We also show the effectiveness of our method by simulation experimentations.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / 移動シンク / PARC / / / / /  
(英) Wireless Sensor Network / Mobile Sink / PARC / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-185, pp. 49-54, 2014年3月.
資料番号 NS2013-185 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-185

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動シンクによるPARCを用いた無線センサネットワークの長寿命化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Life Time Prolongation of PARC-based Wireless Sensor Networks by Mobile Sink Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) 移動シンク / Mobile Sink  
キーワード(3)(和/英) PARC / PARC  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 拓実 / Takumi Watanabe / ワタナベ タクミ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 見越 大樹 / Taiju Mikoshi / ミコシ タイジュ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka / タケナカ トヨフミ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-06 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-185 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会