お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-06 10:40
P2Pライブストリーミングの可用性向上を目的としたプロキシ動的制御方式の接続安定性評価
西谷純一飯田勝吉東工大NS2013-204
抄録 (和) ライブストリーミングにおいて、低コストで動画を配信する手段として、Peer-to-Peer TVが注目されている。Application Layer Multicast(ALM)という通信方式によって、複数のクライアントが協調して配信を行うものである。
先行研究として、ストリーミング配信を中継するプロキシを事前に設置してオーバレイネットワークの可用性を向上する方法が提案されているが、動的に変化するネットワーク環境が考慮されていないため、ピアの追加・離脱の際に通信が途切れやすい欠点がある。
そこで、 Network Function Virtualisation(NFV)によりプロキシを動的に起動・停止し、ピアの頻繁な追加・離脱があってもストリーミングを柔軟に切り替える方式を考える。シミュレータ上で実装し、接続安定性が最も向上する条件を考察する。 
(英) In order to provide live streaming services, many content providers paid much attention to peer-to-peer TV because it can reduce to the cost.
Application Layer Multicast (ALM) is a technology to deliver content distribution achieved by collaboration among many client computers.
In the literature, there is an existing research to improve the availability of ALM by use of proxies that relay the contents reliably.
However, the static placement of proxies is not effective enough to deal with dynamic changing nature of networks.
In this paper, we propose a dynamically invoking proxy method based on Network Function Virtualisation (NFV).
Through simulations, we evaluate the availability of our method.
キーワード (和) P2Pライブストリーミング / ALM / 接続安定性 / プロキシ / 動的制御方式 / NFV / /  
(英) P2P live streaming / ALM / availability / proxy / dynamically invoking method / Network Function Virtualisation / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-204, pp. 161-166, 2014年3月.
資料番号 NS2013-204 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-204

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) P2Pライブストリーミングの可用性向上を目的としたプロキシ動的制御方式の接続安定性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and evaluation of dynamically invoking proxy method to improve the availability of P2P live streaming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2Pライブストリーミング / P2P live streaming  
キーワード(2)(和/英) ALM / ALM  
キーワード(3)(和/英) 接続安定性 / availability  
キーワード(4)(和/英) プロキシ / proxy  
キーワード(5)(和/英) 動的制御方式 / dynamically invoking method  
キーワード(6)(和/英) NFV / Network Function Virtualisation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西谷 純一 / Junichi Nishiya / ニシヤ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 勝吉 / Katsuyoshi Iida /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-06 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-204 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会