お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-06 14:45
食品の視覚情報と咀嚼音の重畳を用いたクロスモーダル効果による食感変化
飯島大地小池崇文法政大IMQ2013-40 IE2013-149 MVE2013-78
抄録 (和) 本研究では視覚と聴覚のクロスモダリティを利用して食感を変化させる実験を行う.私たちは食経験の拡充のために食品の見た目と咀嚼音を別のモノに置き換える.こうすることで置き換えられた食品を食べているかのように感じさせる.食品の上に別の食品の映像を投影して,ヘッドマウントディスプレイで被験者に提示する.咀嚼の際に別の食品の咀嚼音を骨伝導スピーカーで提示する.更に咀嚼音の提示のタイミングを適切にするため咀嚼検出システムも作成した.被験者は私たちのシステムをSD法で評価した.結果として視覚と聴覚を別々に提示した場合には効果はあまりないことが分かった.しかし二つの情報を同時に付加すると一部の項目で変化があった. 
(英) We change mouthfeel using cross-modality of visual information of food and mastication sound. We feel as if we were eating the replaced food. A subject watches a picture of the different food through Head Mounted Display. The subject hears mastication sound of the different food through a bone conduction speaker when the subject chews. The timing of chewing is detected by a photoreflector to present mastication sound appropriately. Subjects evaluate our system by Semantic Differential Scale. The experiment shows that there is no cross-modality when subjects watch visual information of food and mastication sound separately. The mouthfeel is greatly changed when subjects watch both information at the same time.
キーワード (和) クロスモーダル / 食感 / 視覚 / 聴覚 / ヘッドマウントディスプレイ / 咀嚼 / /  
(英) Cross-modal / Mouthfeel / Visual / Sound / Head Mounted Display / Mastication / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 470, MVE2013-78, pp. 83-86, 2014年3月.
資料番号 MVE2013-78 
発行日 2014-02-27 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2013-40 IE2013-149 MVE2013-78

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ CEA  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンタ 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,クラウド,モバイル,ネットワーク,およびこれらの品質と信頼性,一般 
テーマ(英) Five senses media, Food media, Social media, Multimedia, Virtual Environment, Image encoding, Cloud, Mobile, Network, and their quality and reliability,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2014-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 食品の視覚情報と咀嚼音の重畳を用いたクロスモーダル効果による食感変化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Change of Mouthfeel by Means of Cross-modal Effect Using Mastication Sound and Visual Information of Food 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クロスモーダル / Cross-modal  
キーワード(2)(和/英) 食感 / Mouthfeel  
キーワード(3)(和/英) 視覚 / Visual  
キーワード(4)(和/英) 聴覚 / Sound  
キーワード(5)(和/英) ヘッドマウントディスプレイ / Head Mounted Display  
キーワード(6)(和/英) 咀嚼 / Mastication  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯島 大地 / Daichi Iijima / イイジマ ダイチ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 崇文 / Takafumi Koike / コイケ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-06 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2013-40,IEICE-IE2013-149,IEICE-MVE2013-78 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.468(IMQ), no.469(IE), no.470(MVE) 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IMQ-2014-02-27,IEICE-IE-2014-02-27,IEICE-MVE-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会