お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-06 09:30
待ち行列長の変化を考慮した動的パケット優先破棄
鈴木克彰秋山友里愛神津智樹山口実靖工学院大NS2013-194
抄録 (和) TCPは現在のインターネットにおいて標準的に用いられているトランスポート層プロトコルであり,TCPの輻輳制御実装の振る舞いは通信性能に大きな影響を与える.旧来のTCP実装では輻輳制御手法にTCP Renoが用いられてきたが,TCP Renoでは近年のネットワークにて十分な性能を発揮できず,CUBIC TCPなどの多くの高速TCPが提案され,その結果TCPアルゴリズム間の速度公平性という新たな問題が生じた.
本研究では,著名な高速TCPアルゴリズムであるCUBIC TCPとCompound TCPに焦点を当て,実機実TCP実装を用いて公平性の評価を行う.次に,既存の公平性改善手法を紹介し,実機実TCP実装を用いてその評価と解析を行う.そして,既存手法の改善方法を提案し,性能評価によりその有効性を示す. 
(英) On current long fat networks, enough performance is not obtained with TCP Reno, which is the classical TCP congestion control algorithm. For this issue, several modern TCP congestion control algorithms, such as CUBIC TCP, have been proposed. These modern TCPs have raised another issue, which is performance fairness among these TCPs, and some works on this issue have been published. However, these works have been based on not practical TCP implementation but simulation. In this paper, we measure TCP fairness of the existing modern TCPs and evaluate Dynamic Packet Dropping based on Packet Monitoring, which is the existing fairness improving method. After the evaluation, we propose a method for improving the existing method based on transition of queue length and show that our proposal can improve fairness of the existing method.
キーワード (和) 高速TCP / 輻輳制御アルゴリズム / CUBIC TCP / Compound TCP / TCP公平性 / / /  
(英) Modern TCP / Congestion Control Algorithm / CUBIC TCP / Compound TCP / TCP Fairness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-194, pp. 103-108, 2014年3月.
資料番号 NS2013-194 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-194

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 待ち行列長の変化を考慮した動的パケット優先破棄 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Packet Drop Controlling with Queue Length Transition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高速TCP / Modern TCP  
キーワード(2)(和/英) 輻輳制御アルゴリズム / Congestion Control Algorithm  
キーワード(3)(和/英) CUBIC TCP / CUBIC TCP  
キーワード(4)(和/英) Compound TCP / Compound TCP  
キーワード(5)(和/英) TCP公平性 / TCP Fairness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 克彰 / Katsuaki Suzuki / スズキ カツアキ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 友里愛 / Yuria Akiyama / アキヤマ ユリア
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神津 智樹 / Tomoki Kozu / コウヅ トモキ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 実靖 / Saneyasu Yamaguchi / ヤマグチ サネヤス
第4著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-06 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-194 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会