お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-06 13:20
混雑下にある移動体の依存ディリクレHidden Markov Modelによる追跡
近藤克哉・○岡本拓也鳥取大SIS2013-60
抄録 (和) 混雑場面での移動体の個々の検出および追跡は近接・接触など解決すべき課題が多い.本報告では,物体の形状及び輝度分布に着目し,混雑下における大規模流れについて物体検出を行う.移動体個々のオプティカルフローから依存ディリクレHidden Markov Model (HMM)を用いて,個々の追跡を可能にする手法を提案する.適応リングフィルタの出力から二次形式を求め個々の移動体を検出し,サポートベクターマシンを用いて個々の分類を行い移動体を追跡し,その動線を得る.いくつかの実験により,一般に物体追跡が困難であった混雑下において,本手法により大規模な流れの解析と個々の追跡が可能であることを示す. 
(英) In crowded scenes where it is generally difficult to track moving objects, detection and tracking of objects are very challenging tasks. In this report, we detect objects by focusing on object’s shape and intensity distribution. And we propose a method of individually tracking many objects in crowded scenes. This method applies Dependent Dirichlet Process Hidden Markov Model to the optical flows of moving objects. Each object is detected by calculating quadratic form of adaptive ring filter output and it is classified by a support vector machine. Also, movement line is obtained by tracking an object. Some experimental results show that the huge flows can be analyzed, and each object can be individually tracked in crowded scenes.
キーワード (和) 隠れマルコフモデル / 流れ解析 / 物体追跡 / 混雑場面 / / / /  
(英) Hidden Markov Model / Flow Analysis / Object Tracking / Crowded Scenes / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 467, SIS2013-60, pp. 27-30, 2014年3月.
資料番号 SIS2013-60 
発行日 2014-02-27 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2013-60

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 関西大学うめきたラボラトリ 
開催地(英) Gran Front Osaka, Knowledge Capital C-9F, 901 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2014-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 混雑下にある移動体の依存ディリクレHidden Markov Modelによる追跡 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Object Tracking in Crowded Scenes by Dependent Dirichlet Process Hidden Markov Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 隠れマルコフモデル / Hidden Markov Model  
キーワード(2)(和/英) 流れ解析 / Flow Analysis  
キーワード(3)(和/英) 物体追跡 / Object Tracking  
キーワード(4)(和/英) 混雑場面 / Crowded Scenes  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 克哉 / Katsuya Kondo / コンドウ カツヤ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 拓也 / Takuya Okamoto / オカモト タクヤ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-06 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2013-60 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.467 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会