お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-06 10:10
格子状に配置したバイナリセンサを用いた歩行者数推定手法
藤井崇渡谷口義明長谷川 剛松岡茂登阪大NS2013-188
抄録 (和) 本報告では,商店街の通路や歩道のように複数の歩行者が2方向に移動する幅が広い環境において移動方向別の歩行者数を推定する手法を提案する.
提案手法では,バイナリセンサを歩行者の移動方向に2つ,移動方向の垂直方向に複数配置し,センサから得られる情報をもとに歩行者数の推定を行う.
歩行者の移動に伴って得られたセンサ情報と,歩行者の移動に関する複数回のモンテカルロシミュレーションによって得られる情報との差が十分に小さいシミュレーションにおける歩行者数を推定結果として出力する.
提案手法の性能評価を行った結果,幅が8~[m]の領域においては$2times8$のバイナリセンサを配置することで相対誤差が最小となることがわかった. 
(英) In this report, we propose a method for estimating the number of pedestrians walking in opposite directions, as in cases of a shopping street or a sidewalk in a downtown area.
The proposed method utilizes a compound-eye sensor that is constructed by placing two binary sensors for the pedestrians' movement direction and multiple binary sensors for the vertical direction of the pedestrians' movement direction.
A number of Monte Carlo simulations about the movement of pedestrians are conducted, and the output history of the compound-eye sensor is obtained in each simulation.
The simulation scenario with a small difference of the output history of the compound-eye sensor is selected to estimate the number of pedestrians.
Evaluation results show that in the field whose width is 8~[m] the relative error in the proposed method is the smallest by using $2times8$ binary sensors.
キーワード (和) バイナリセンサ / 複眼センサ / 歩行者数推定 / 歩行者計数 / センサネットワーク / モンテカルロ法 / /  
(英) Binary sensor / Compound-eye sensor / Pedestrian Counting / Sensor network / Monte Carlo method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-188, pp. 67-72, 2014年3月.
資料番号 NS2013-188 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-188

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 格子状に配置したバイナリセンサを用いた歩行者数推定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Counting pedestrians on bi-directional walkway using binary sensor array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイナリセンサ / Binary sensor  
キーワード(2)(和/英) 複眼センサ / Compound-eye sensor  
キーワード(3)(和/英) 歩行者数推定 / Pedestrian Counting  
キーワード(4)(和/英) 歩行者計数 / Sensor network  
キーワード(5)(和/英) センサネットワーク / Monte Carlo method  
キーワード(6)(和/英) モンテカルロ法 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 崇渡 / Shuto Fujii / フジイ シュウト
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 義明 / Yoshiaki Taniguchi / タニグチ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 茂登 / Morito Matsuoka / マツオカ モリト
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-06 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-188 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会