お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-06 11:00
マルチレイヤネットワーク設計問題における高精度高速計算手法
見越大樹高橋昂大竹中豊文日大NS2013-182
抄録 (和) IP over WDMネットワーク設計技術として,光パスとIPトラヒックの経路設計を同時に行うマルチレイヤネットワーク設計が注目されている.
マルチレイヤネットワーク設計問題は,混合整数線形計画問題を解く必要があるが, ネットワーク規模が増大するに従い,変数の数が膨大になり,
計算不可能となる. この問題に対処するため,我々は,波長レイヤとIPレイヤで,ホップ数の大きな経路を解の候補から除外することで,
計算時間を改善する手法を提案した. しかし,この手法では,交流トラヒックが少ない場合,計算精度が劣化する.
この問題を解決するため,すべてのSDペアが利用できる光パスリングを事前に計算し,光パスリングを用いる経路を候補に残すことにより,
計算精度を改善する計算手法を提案する. 提案手法および従来手法について,数値計算実験を行い,提案手法の有効性を示す. 
(英) Multi-layer network design, which excuses both light-path and IP routing designs at the same time, has attracted attention for IP over WDM network.
The solution of multi-layer network design problem can be obtained by solving a mixed integer linear programming~(MILP) problem.
However, the MILP problem for a large-scale network cannot be solved due to huge amount of variables used in the computation.
In order to cope with this problem, we proposed multi-layer space reduction method which excludes long hops routes at both lambda-layer
and IP-layer from the route candidates to reduce computation time.
However, when applying this method in case that the traffic volume is small, the calculation accuracy is relatively deteriorated.
In order to cope with this problem, we propose a novel improvement method which introduce a light-path ring for IP routes among all source-destination pairs.
This method includes route candidates on the light-path ring for the optimization.
We evaluate our proposed method by the computational experiments and show the effectiveness of our method.
キーワード (和) マルチレイヤネットワーク設計 / 混合整数線形計画問題 / 光パスリング / 高速計算手法 / / / /  
(英) Multi-Layer Network Design / MILP / Light-path Ring / High-Speed Calculation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-182, pp. 31-36, 2014年3月.
資料番号 NS2013-182 
発行日 2014-02-27 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-182

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチレイヤネットワーク設計問題における高精度高速計算手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-Accuracy and High-Speed Calculation Method for Multi-layer Network Design Problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチレイヤネットワーク設計 / Multi-Layer Network Design  
キーワード(2)(和/英) 混合整数線形計画問題 / MILP  
キーワード(3)(和/英) 光パスリング / Light-path Ring  
キーワード(4)(和/英) 高速計算手法 / High-Speed Calculation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 見越 大樹 / Taiju Mikoshi / ミコシ タイジュ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 昂大 / Koudai Takahashi / タカハシ コウダイ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka / タケナカ トヨフミ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-06 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-182 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会