お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-06 09:05
デジタルサイネージとモバイル端末を併用した複数人向け情報提示システムの評価
宮田章裕瀬古俊一青木良輔橋本 遼石田達郎伊勢崎隆司渡辺昌洋井原雅行NTTIMQ2013-25 IE2013-134 MVE2013-63
抄録 (和) 数人が同時に異なるコンテンツの詳細を閲覧可能な情報提示方式を提案し,実証実験の結果を報告する.既存のデジタルサイネージの中には,最初は複数のコンテンツを画面全体に表示しており,ユーザの要求に応じて1つのコンテンツの詳細を画面全体に表示するものがある.しかし,この方式では1つのコンテンツの詳細が画面を占有してしまうため,同時に1人のユーザの閲覧要求しか満たせない可能性がある.提案方式では,ユーザはモバイル端末を用いてデジタルサイネージ上で各自のポインタを操作でき,任意のコンテンツを選択すると対応するコンテンツの詳細を各自のモバイル端末上で閲覧できる.この方式により,複数ユーザが同時に任意のコンテンツの詳細を閲覧できる.また,デジタルサイネージ上のコンテンツに各ユーザのポインタが重畳表示されるため,多くのユーザの注目を集めているコンテンツを把握することもできる.熊本市の商店街で105名に対して災害時を想定して行った実証実験では,本システムが一般ユーザにも簡単に利用でき,高い受容性があることを確認した. 
(英) We propose a digital signage system by which multiple users can access to different contents at the same time, and report the results of the field evaluation. Some of existing digital signage systems display multiple contents in the beginning, then expand the detail of one content over the entire screen in response to requests from users. However, this method has the potential to fill only one user's need since details of one content occupy the entire screen. Our method enables several users to control her/his pointer to select a content on the digital signage screen and browse details of the content on the mobile device at once. This design also allows users to know which contents are watched by many of others. The field evaluation (105 subjects) at Kumamoto City proves that our system is easy-to-use and acceptable for general users.
キーワード (和) デジタルサイネージ / モバイル端末 / HTML5 / 災害 / / / /  
(英) Digital signage / Mobile device / HTML5 / Disaster / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 470, MVE2013-63, pp. 7-12, 2014年3月.
資料番号 MVE2013-63 
発行日 2014-02-27 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2013-25 IE2013-134 MVE2013-63

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ CEA  
開催期間 2014-03-06 - 2014-03-07 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンタ 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,クラウド,モバイル,ネットワーク,およびこれらの品質と信頼性,一般 
テーマ(英) Five senses media, Food media, Social media, Multimedia, Virtual Environment, Image encoding, Cloud, Mobile, Network, and their quality and reliability,General area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2014-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルサイネージとモバイル端末を併用した複数人向け情報提示システムの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Field Evaluation of an Information Display System using a Digital Signage and Mobile Devices for Multiuser Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタルサイネージ / Digital signage  
キーワード(2)(和/英) モバイル端末 / Mobile device  
キーワード(3)(和/英) HTML5 / HTML5  
キーワード(4)(和/英) 災害 / Disaster  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 章裕 / Akihiro Miyata / ミヤタ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬古 俊一 / Shunichi Seko / セコ シュンイチ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 良輔 / Ryosuke Aoki / アオキ リョウスケ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 遼 / Ryo Hashimoto / ハシモト リョウ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 達郎 / Tatsuro Ishida / イシダ タツロウ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊勢崎 隆司 / Takashi Isezaki / イセザキ タカシ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 昌洋 / Masahiro Watanabe / ワタナベ マサヒロ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 井原 雅行 / Masayuki Ihara / イハラ マサユキ
第8著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-06 09:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2013-25,IEICE-IE2013-134,IEICE-MVE2013-63 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.468(IMQ), no.469(IE), no.470(MVE) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2014-02-27,IEICE-IE-2014-02-27,IEICE-MVE-2014-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会