電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-04 11:50
終端短絡/開放結合線路を用いた広帯域疎結合ブランチラインカプラの設計
中島宣雄河合 正榎原 晃太田 勲兵庫県立大)・佐藤 圭鈴木恭宜岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモMW2013-201 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-201
抄録 (和) 終端開放結合線路を外部整合回路とした電力分配比Rが1~5程度の広帯域ブランチラインハイブリッドを既に報告しているが,この回路構成では一対のリング線路の特性インピーダンスが高くなりすぎるという制約からR=9 (結合度:-10dB)程度の回路が限界と考えられる.本論文では,前述の高インピーダンス線路部を終端短絡結合線路に置換した構成で,更に電力分配比のアンバランスが大きな回路の実現を検討している.外部整合回路として,終端開放結合線路を利用した回路で,中心周波数4GHzとして設計を行った結果,比帯域幅47.5%の広帯域特性が実現可能となることを示している.さらに,設計した回路の電磁界シミュレーションと試作実験を行うことで,提案回路構成の有効性を実験的にも明らかにしている. 
(英) This paper describes broadband branch-line hybrids with loose coupling factors utilizing open-/short-circuited coupled transmission lines. As a result of designing at an operation frequency of 4GHz, broadband characteristics with a relative bandwidth of 47.5 % can be obtained for the -20dB branch-line hybrid. We simulate the designed branch-line hybrid with -20dB coupling and explain the validity of design procedure. Finally experimental verification has been also presented.
キーワード (和) マイクロ波受動回路素子 / ブランチラインカプラ / 終端開放/短絡結合線路 / 広帯域 / 疎結合 / / /  
(英) Microwave passive components / branch-line coupler / open-/short-circuited coupled transmission line / broadband / loose coupling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 460, MW2013-201, pp. 23-27, 2014年3月.
資料番号 MW2013-201 
発行日 2014-02-25 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2013-201 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-201

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2014-03-04 - 2014-03-05 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2014-03-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 終端短絡/開放結合線路を用いた広帯域疎結合ブランチラインカプラの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Broadband Branch-Line Hybrid with Loose Coupling Utilizing Open-/Short-Circuited Coupled Transmission Lines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波受動回路素子 / Microwave passive components  
キーワード(2)(和/英) ブランチラインカプラ / branch-line coupler  
キーワード(3)(和/英) 終端開放/短絡結合線路 / open-/short-circuited coupled transmission line  
キーワード(4)(和/英) 広帯域 / broadband  
キーワード(5)(和/英) 疎結合 / loose coupling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 宣雄 / Nobuo Nakajima / ナカジマ ノブオ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 正 / Tadashi Kawai / カワイ タダシ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎原 晃 / Akira Enokihara / エノキハラ アキラ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 勲 / Isao Ohta / オオタ イサオ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 圭 / Kei Satoh / サトウ ケイ
第5著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 恭宜 / Yasunori Suzuki / スズキ ヤスノリ
第6著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 浩司 / Hiroshi Okazaki / オカザキ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢橋 祥一 / Shoichi Narahashi / ナラハシ ショウイチ
第8著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-04 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2013-201 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2014-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会