電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-03 17:20
ホップ間干渉キャンセルおよび最大比合成を用いた高効率マルチホップ伝送
戴 競擇山尾 泰電通大
抄録 (和) CSMA/CAを用いたマルチホップネットワークは隠れ端末問題に起因するホップ間干渉(IFI: intra-flow interference)の影響で性能が大きく低下する.この問題に対して,高いトラヒック負荷率およびフェージング環境下においても高効率にマルチホップ伝送を行えるホップ間干渉キャンセリング(IFIC: IFI-cancelling)伝送法を提案する.本提案では信号を受信する際に行われるLMS適応等化の結果を利用して既知の干渉信号をキャンセルする.ホップ間干渉キャンセルに適したフレームフォーマットを示し,さらに干渉キャンセルの効果を高めるため,2受信機による最大比合成を行う構成を用いた.理論解析および物理層の動作を含む計算機シミュレーションによって提案法の検証・評価を行った結果,レイリーフェージング環境下でIFIC伝送法を用いたマルチホップネットワークのスループットは,トラヒック負荷率が高い場合,通常のCSMA/CAネットワークの2.8倍,さらに2ブランチ最大比合成を適用した場合は4.2倍に向上し,フレームフォーマットとパケットサイズで決まる理論値に近い値となることを明らかにした. 
(英) CSMA/CA protocol shows poor performance for multi-hop transmission due to intra-flow interference (IFI) caused by hidden terminal (HT) problem. We propose an IFI-cancelling (IFIC) multi-hop transmission scheme which can efficiently relay packets under high traffic load and fading environment by using a Known interference cancellation technique. It employs the least mean square (LMS) equalization process of signal reception. A packet frame format dedicated to the proposed IFIC is designed. A theoretical model simulator considering physical layer behavior is created for validation and performance evaluation. The results show that the throughput of the IFIC transmission under Rayleigh fading environment linearly increases with traffic load. When traffic load is high, it has 2.8 times higher throughput than the multi hop network with normal CSMA/CA. When 2-branch maximal-ratio combining (MRC) reception is added after IC, the throughput is further enhanced to 4.2 times higher, which is very close to the theoretical maximum.
キーワード (和) マルチホップ / 負荷率 / 干渉キャンセル / MRC / LMS / CSMA/CA / /  
(英) multi-hop / traffic load / interference cancellation / MRC / LMS / CSMA/CA / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 456, RCS2013-347, pp. 247-252, 2014年3月.
資料番号 RCS2013-347 
発行日 2014-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2014-03-03 - 2014-03-05 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホップ間干渉キャンセルおよび最大比合成を用いた高効率マルチホップ伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Intra-Flow Interference Cancellation with MRC for Highly Efficient Multi-Hop Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップ / multi-hop  
キーワード(2)(和/英) 負荷率 / traffic load  
キーワード(3)(和/英) 干渉キャンセル / interference cancellation  
キーワード(4)(和/英) MRC / MRC  
キーワード(5)(和/英) LMS / LMS  
キーワード(6)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戴 競擇 / Jingze Dai / ダイ ジンゼ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山尾 泰 / Yasushi Yamao /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-03 17:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-347 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.247-252 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会