電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-03 10:10
Single-carrier Frequency-Domain CDMA
Amnart BoonkajayFumiyuki AdachiTohoku Univ.RCS2013-309
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Single-carrier (SC) transmission is an appropriate transmission scheme for uplink transmission because of its low peak-to-average power ratio (PAPR). Spread spectrum (SS) transmission achieves higher frequency diversity gain and hence improves the bit error rate (BER) performance. The authors have recently proposed SC with frequency-domain spread spectrum (SC-FDSS) transmission with orthogonal code multiplexing, where spreading and de-spreading are conducted in frequency domain. In this paper, we extend the single-user SC-FDSS to multi-user SC-FDSS called SC with frequency-domain code division multi-access (SC-FD-CDMA). BER and PAPR performances are evaluated and compared to direct-sequence code division multi-access CDMA (DS-CDMA) and SC with frequency division multi-access (SC-FDMA)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Single-carrier (SC) transmission / spread spectrum / code division multi-access (CDMA) / uplink transmission / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 456, RCS2013-309, pp. 19-23, 2014年3月.
資料番号 RCS2013-309 
発行日 2014-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-309

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2014-03-03 - 2014-03-05 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Single-carrier Frequency-Domain CDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Single-carrier (SC) transmission  
キーワード(2)(和/英) / spread spectrum  
キーワード(3)(和/英) / code division multi-access (CDMA)  
キーワード(4)(和/英) / uplink transmission  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) アムナート ブンカジャイ / Amnart Boonkajay / アムナート ブンカジャイ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-03 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-309 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2014-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会